紙芝居劇むすび



2006年素麺一束運動の報告

今年も8月13-15日に西成・三角公園で開催された夏まつりへの
麺屋台出店が無事終わりました。

平均年齢73歳のむすびのメンバーですが 
高齢なことや メンバーが減って現在5人になったことで不安もあった今回の夏まつりでしたが3日間 夏らしい晴天にめぐまれ 
のべ50人ちかくのボランティアの方々に助けられ
暑さにも負けず やり遂げることができました。

この屋台出店のため 全国各地から続々と素麺が寄せられ
じつに約1600束の素麺が集まりました。

そして おかげさまで 3日間の屋台で1000食以上を提供することができました。
まつりにて1杯100円で販売したほか 仕事のない労働者の方には無料券を配りました。

おじさんたちのこだわりで素麺の上にはネギ ショウガ ミカン チェリー 錦糸卵がのっており
100円で売ると儲けには程遠いものとなりましたが
素麺のご寄付と 屋台運営を手伝ってくださったボランティアのみなさまのおかげで
赤字を免れることができました上 お客様には大変喜んでいただいたようです。

今回屋台で使い切れなかったものにつきましては
賞味期限の長いものは来年の屋台に利用させていただき
そうでないものは むすびの事務所で素麺会を開催して
釜ヶ崎にくらす むすびのおじさんたちや その友達 支援者
などに振る舞おうと思っています。

素麺を送ってくださった方 この運動の周知にご協力くださった方
誠にありがとうございました。

e0035629_15331394.jpg

by musubi-pro | 2006-08-16 15:30 | 夏祭り屋台について
<< その後 怒涛の3日間 >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動