紙芝居劇むすび



その後

そうめんの日々に解放されたおじさんたちは どうしているのか。

むすびの事務所に電話しても午後には閉まっているらしい。
ときどき リーダーがでて 「今日は誰も来んのよ~」と苦笑い。

今日は片付けの日だったので 行ってみると
「ちょっと今週は病院行って診てもらうわ」
「あ~疲れた あ~腰が痛い」
といいながら テキパキ テキパキと鍋を洗ったり 倉庫に直したりして
事務所がきれいになっていく。

紙芝居とか キーホルダーづくり とか
誰も言い出さず 静かにお茶を飲んで しゃべっていた。
そのうちひとり もうひとりと帰っていく。

がんばるおじさんたちにも夏休みがいるようだ。
by musubi-pro | 2006-08-17 21:06 | むすび日記
<< ぼちぼち復活 2006年素麺一束運動の報告 >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動