紙芝居劇むすび



ささやかにクリスマス

9時に集合して おでんをつくり始めたおじさんたち。
おにぎりもつくる。 みんなけっこう料理が好きみたい。

部屋中 おでんのにおいが充満して 「味見しよう~」というのだけれど
Niさんに「今 食うたらアカン!」と怒られて なかなか味見ができない。 ひもじいな。

e0035629_11315343.jpg
いい具合に若い人が入れ替わり立ち代わり 訪れてくれて
ささやかながらも 活気づいて うれしいクリスマスとなった。 
Tbさんが抹茶をたててくれたり みなさんの差し入れてくださった
シャンパン ワイン スノーマンのクッキーなども テーブルを飾る。

ココルームの上田假奈代さんがクリスマスケーキを持ってきてくださった。
かわいくて ちょっとリッチな ケーキに 一同ひとめぼれ。
キャンドルをつけて 「ジングルベル」を歌って 「ハッピー クリスマス!」  拍手。
e0035629_11395610.jpg


e0035629_11455722.jpgいい気持ちになったのと 感謝の気持ちをこめて おじさんたちが紙芝居のプレゼント。
季節はずれの「春の里山七人衆」は 長いこと稽古もしていなかったので
ヨレヨレ。

あ~ やっぱり練習しないとダメだなぁ。 とおじさんたちにはいい刺激になったようだ。
大好きなみなさんの顔をみて 食べて 飲んで 紙芝居して
すばらしい年忘れ会ともなった。 
by musubi-pro | 2006-12-22 21:26 | むすび日記
<< おじさんたちの冬休み 素敵な年末 >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動