紙芝居劇むすび



わけがわからん

最近 なかなかに忙しくなってきたむすび。

遺影は写されるわ
夜中「むなしい むなしい」と叫ばされるわ
フェスティバルゲートで 奇妙な物体を出し入れする
お仕事を頼まれたり

明日は案内 あさっても案内 紙芝居が2つ

と おじさんいわく
「だんだん自分が わからへんくなってきたわ」。

こんなにいろんな体験をして大忙しな平均年齢72歳を見ていると
おかしいやら 気の毒やらで
見ているほうも つられて気ぜわしくなる。

今日も若い人が訪問に来る。
紙芝居講座の受講生だった方が立ち寄ってくださる。
おじさんたちと おじさんたちを見守る人の輪が結晶化していきますように。 
by musubi-pro | 2007-03-09 17:07 | むすび日記
<< 充実の日曜日 アート作品になる >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動