紙芝居劇むすび



充実の日曜日

今朝は鳥取大学から大学生と先生が見学に来られて
紙芝居&案内。

素直でやさしい学生さんたち。先生はその上をいっていた。
ぶんぶく茶釜を見て 「タヌキは自分かと思いました」
と涙ぐんでいらっしゃる。

こういったすてきなリアクションが むすびを
肥やしていくのだろう。

当のおじさんたちは あいつばっかりしゃべる とか
どないなっとるのや とか
このへんのボヤキも 名物になってきている感じで…

午後からは二手に分かれて ココルームに来た若者の案内と
ドーンセンターでのむすび広報活動に行く。

ドーンセンター組はキーホルダーを売ったり
他のブースの方々にご挨拶に行ったり。

いろいろな団体の人たちとお話をしたり また励まされたりして
それなりに実りのあった午後だった。
by musubi-pro | 2007-03-11 22:36 | むすび日記
<< こどもに励まされる わけがわからん >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動