紙芝居劇むすび



8月14日 そうめん 

2日目の今日は朝から空模様がビミョーなかんじ。
天気予報を気にして 何度も177に電話するリーダー。
60-70%の降水確率を前に みんなそうめんをつくりだす機を失い続ける。

どうする?
実行委員会に連絡しても 空をながめても
雨が降るのか 降らないのか 誰にもわからない。

お昼になった。今からそうめんを茹でるとなると ドタバタだ。

屋根のない会場で 雨が降るとそうめんのカップに水が入る。
一度茹でてしまうと そうめんが無駄になってしまう。

今日はやめようか。半日悩んで今日の販売は中止となった。
そのかわり明日は1.5倍の450杯売るぞー!
昨日の疲れで正直ホッとした一同は ぱらぱらと事務所を出て行った。

結局雨は降らなかったとさ。
でも 気持ちにメリハリがついたということで ラストに賭ける。
by musubi-pro | 2005-08-16 19:14 | むすび日記
<< 8月15日 そうめんバクレツ 8月13日 そうめん  >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動