紙芝居劇むすび



こどもに励まされる

3-4歳の保育園児の前で「桃太郎」を披露する。

来週は病院で検査だの 入院するかも などと言っている
おじさんたちが はりきってチャンバラを演じる。

終了後こどもたちが 面と向かって
「おじさん とってもおもしろかったよ!」
「おじさん かっこいいー!!」
とキラキラして言うものだから

おじさんたちは逆に自分たちが励まされていることを実感。
照れくさいような感動をかみしめた。

e0035629_9535278.jpg

by musubi-pro | 2007-03-20 22:29 | むすび日記
<< 鬼のパンツ 充実の日曜日 >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動