紙芝居劇むすび



鬼のパンツ

今日は長く通ってきてくれていた大学生 通称:トモくんの
就職のお祝いをしよう ということになった。

最近のむすびのお気に入りメニューは「だんご汁」。
小麦粉を練って 味噌汁に落とす すいとんってやつです。

すっかり料理好きになったおじさんたちは
白菜やひら天などを手際よく刻む。

今日はうれしいことに久々の林加奈さんも来所。
気合を入れてもらう。

25日本番の釜ヶ崎さくらまつりでは
「ぶんちゃんの冥土めぐり」を披露するのだが
今回は「鬼のパンツ」を歌い 鬼が踊ることになった。

かなりテンポの速い伴奏CDにおじさんたちはついてこられるか?
林さんにアドバイスをもらいながら 
まず軽く5回はぶっ通しで歌い 踊る。すごいテンションだ。

踊りチームは激しさを増し 合唱隊のおじさんたちが曲に絡み付いてくる。
かなり いい感じになってきたなぁ という頃 私は用事で退散したのだが
出来上がりが楽しみだ。
by musubi-pro | 2007-03-22 23:15 | むすび日記
<< 芸の肥やしに こどもに励まされる >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動