紙芝居劇むすび



芸の肥やしに

今日は医療関係の学生さんが見学に来られたり
朝はテレビ大阪の「ボランティア21」の取材があったりと
活気に満ちていた1日。

夕方からはTさんとNyさんと
西成人権文化センターに 新屋英子さんの一人芝居を観にいく。

在日1世のオモニの役を リアルに演じる新屋さん。
右に座っているNyさんは新屋さんの問いかけに応じたりしながら見ている。
左に座っているTさんは 声もあげず拝聴している。

ふたりとも どう思ったのだろう。

むすびでは新人のNyさん 帰り道 新屋さんの間の取り方 目線について
気づいたことを語ってくれた。
新人ながら 伸び伸びした演技と その真摯な取り組み方で
むすびに新たな表現を取り入れてくれそうな存在だ。

わりと上下関係の厳しいおじさんたち。
いきなり目立つとお兄さんたちに睨まれてしまいそうだが
そこは西成で培った バランス感覚と距離感で乗り越えながら
むすびにいい刺激をもたらしてくれるだろう。
by musubi-pro | 2007-03-23 23:36 | むすび日記
<< 京都の桜 鬼のパンツ >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動