紙芝居劇むすび



むすび IN ろんどん?

京都で桜を見てきた むすびのおじさんたち。

彼らにこの夏イギリス・ロンドン行きの話がきている。

昨年 NPO法人こえとこころとことばの部屋(ココルーム)に
イギリスのホームレスとアートを支援する団体が訪れて
ミニ・シンポジウムを開催したのが事の発端だ。

毎年開かれているTEN FEET AWAY FESTIVAL というホームレスアートのお祭り。2007年は初めて国際規模で開催するという。そこにむすびが招待されていたのだ。

ココルームで飛行機代等 遠征資金を獲得すべく 奔走したところ
助成金がひとつ 通ったらしい。 全員の飛行機代やすべてをカバーするには
もう少しの資金繰りが必要だけど

ここまできたら 行きたいし 行くしかない!

一番心配されるのは おじさんたちの体力。
はりきってパスポート取得に燃えるおじさん
飛行機イヤやといっているおじさん いろいろで なんともいえないけれど
海外公演が実現したら スゴイことだなぁ。

ちなみに フェスティバルの名前になっている Ten Feet Away (3メートル向こう)。
この3メートルは 人と人の間の距離のことで 近くてはっきり相手が見えるけど
視線を交わさずに 存在すら気づかずに なんの関わりももたずに通り過ぎることのできる距離でもある。野宿生活者や路上にいるひとの視点からいうと 社会から除外されるのに 十分な距離といえるし 両者にとって乗り越えるのにキツい距離 ということだ。

この距離を一緒に考えるために
世界中からどんなアーティストや表現者が集まってくるのだろう。

むすびinロンドン。見るだけでも楽しい夢が さて実現しますでしょうか。
by musubi-pro | 2007-04-07 10:35 | むすび日記
<< 本気のロンドン 募金をよろしく... 京都の桜 >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動