紙芝居劇むすび



こんどは屋台

イギリス公演の疲れをとる間もなく 8月13ー15日 釜ヶ崎にある通称・三角公園である
夏まつりでの おむすび屋台の準備が始まる。

例年はそうめん屋台だったけれど 今年はおじさんたちのお疲れを考慮して
氷や水の運搬 ダシの準備など負担の多い素麵はお休みして
「むすび」ともじっているのもあり おむすび屋台を出店するのだ。

さっそく試作品を作ってみる。ごはん何合で何人分つくれるのか。
大きさは?値段は?
おむすび2コで50円という設定だけど、それではおつりの手間が大変だ。
おかずをつけて100円にしようか などと おじさんたちの読みはいつも現実的だ。
e0035629_17433258.jpg

手際よくご飯を炊いて 型を使っておむすびをつくる。
「塩味が足らんなぁ」「漬物用のカップ買わな」 
素晴らしいチームワーク!

できあがったのはこんな感じです。
e0035629_1744440.jpg

で 梅干し20Kgの寄付をいただいたり 準備も着々とできているけど
お米が足りない様子です。もし お米持ちの方いらっしゃいましたら
提供をよろしくお願いします。

あと毎年お盆の夏まつりは おじいちゃんたちを訪ねる子供や孫のように
気軽におじさんたちに会いに来てください。

おむすび運動の項目参照
by musubi-pro | 2007-08-09 17:44 | むすび日記
<< JANJANに掲載されています ただいま! >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動