紙芝居劇むすび



ダイコンとはくさい

誰かが農作業で掘ってきたダイコンと
いただきものの ハクサイがあったので

ダイコン汁をつくろう ということになった。

大きな鍋にたっぷりと冬の野菜を煮込んで
さらにソーメンを投入して
みんなで食べるとあたたかい。

おじさんの切った大きなダイコンがプカプカと浮いて
ボリュウムがすごい。

一人暮らしのおじさんたち 野菜をたっぷり食べて
冬を元気に乗り切ってほしい。

今 ロンドンに行った思い出を紙芝居にしている。
おしりに火のついたリーダーが さすが
みんなが騒いでいても 集中して 文を書いている。

けっこう忙しいむすび。 でもペースを乱さずに
忙しさでストレスにならないのも
自分ができる限界を知って 無理をしないからか。
by musubi-pro | 2007-11-27 20:30 | むすび日記
<< 映画を観に行く こどもたちとワークショップ >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動