紙芝居劇むすび



エンジンかける

2月になって ようやく今年の計画を本気で考えるようになったむすび。

寒さでひとりは入院しているし 体調の悪い人もいるし
いつどうなるやらわからない 不安はあるけれど。

めでたいことに リーダーのAさんが80歳を迎えた。
みんなで 80歳記念公演をしよう と盛り上がる。
すばらしいことだ。

いつも文句言いのMtさんも ふと
「みんながいるから 俺がいるんだな」 とつぶやく。
さらに「Aさん 長生きしてくれよ」 と優しいことばをかけている。
「Mtさん 大丈夫~? そんなに悟って 死ぬんじゃないやろな」
みんなも 微妙に笑う。

正月に書いた書き初めも外して
先日美術の先生と書いた みんなの絵をかざった。

人間は何歳になっても いろんなことを吸収して
成長を続けていくことの いいお手本となっている
むすびのおじさんたち。

ゆるやかな団結力で 今年は何をしてくれるのか楽しみだ。
by musubi-pro | 2008-02-01 23:31 | むすび日記
<< 誕生会 人形劇ワークショップ 後編 >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動