紙芝居劇むすび



こんなのはじめて★

すっかり 近所の保育園と仲良くなって
今日は初めて入園式に招かれたむすび。

地域の教育関係者と並んで 来賓席に座る。

新入園児 とはいっても 最近の労働形態などの事情から
前に座るのは 母親や父親に抱かれた0~1歳児たち。
おじさんたちは ちょっと動揺して
「あんなに小さい頃から預かるのか~」
「え~…?」 とヒソヒソ話し合っている。

おじさんたちの頃からいくと 感覚が違ったのだろうか。
ともかくも 新たな孫たちが増えたのは
地域のおっちゃんたちとしては うれしいことだ。

その後 阪堺線の路面電車に揺られて 花見に出かける。
意外と近所なのに 行っていなかった 帝塚山の万代池。
桜がグルリと植えてあって 満開で晴天の今日は 花見日和だった。

弁当屋もすぐに見つかり 
木の下に陣取って ゆったりとする。
むすびらしいところは 円陣を組むわけでもなく
それぞれに 距離をとって 座ったところだ。

それでものんびりと人や犬や景色をながめて
多忙だった年度末~最近の疲れを癒した。

最近Fさんの口ぐせ 「こんなの はじめて!」 というのがかわいらしい。
電車の乗り換え切符を見たとき 史跡の碑を見つけたとき
最近 いろんな新しい経験をしている おじさんたちには
はじめてのこともたくさんあるのかもしれない。

そんなキラキラした感情を持ち続けるって 素敵なことだ。
e0035629_23283325.jpg

by musubi-pro | 2008-04-04 23:28 | むすび日記
<< 西成市民館 ほのぼのクラブ設立! ロンドンから >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動