紙芝居劇むすび



ご隠居さま

むすびは高齢者によるパフォーマンスが主な活動だけに
なかには病気を患ったり 体調を崩して
紙芝居活動の継続が困難になる隠居組がでてくる。

元気に人前に立っていた人が顔を見せなくなると
みんなも気がかりで 「早く出てこいよ」と声をかけたりするけど
実際 むすびの活動はけっこうハード。

活動をできなくなった人は それなりに
負い目や 距離を感じて
みんなの前に来づらくなるものだ。

そんななか 今日は2人のご隠居さんが遊びに来てくれた。
仲間とわいわい 昔話に花が咲く。
受け入れる仲間たちもうれしそうなのは
ご隠居さんは みんなの行く道だから。
いつでもふらりと入れる場所である むすびでありたい。


今日もオーストラリアから来たTさんがのぞいてくれる。
来週には東京に行って そのまま大阪には戻ってこない彼女。
「出会いはいいけど 別れはつらいですなぁ」

若いうちはあまり感じないかもしれないけど
お年寄りたちは「もう会えないかも」という
切ない気持を より強く感じているのかもしれない。

それでも若いなりに大事なことをいっぱい教えてくれる人は多く
これからもいろんな人と出会っていきたいむすび。
by musubi-pro | 2008-05-09 23:24 | むすび日記
<< ほのぼのクラブ 今年もバースデー >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動