紙芝居劇むすび



石井十次賞

むすびが石井記念愛染園が主催する石井十次賞をいただくことになり
今日は授賞式だった。

石井十次さんは日本で初めて孤児院を開設した人物だそうだ。

隣人愛の精神にのっとった活動が認められたとのことで
今回8組のボランティア団体や個人がこの賞を受賞した。

地域での活動を評価してもらうということは
おじさんたちにとって なによりうれしいことだろう。

紙芝居活動 というよりも
「むすび」も含めて何年も おじさんたちが地域の中で
できることを勤勉にやってきた姿勢や
誰でも飛び込んで場を共有できる「むすび」という場を守っている
ことが評価されたのだと思う。

毎日呑気にコーヒー飲んで しゃべっているようだけど
ああして 場を開けて 人を待ち 迎え入れるという繰返しを
忍耐強く続けるおじさんたちがいるから
「むすび」は存在している。

うれしい うれしい 賞だった。
e0035629_2022431.jpg

by musubi-pro | 2008-06-02 19:55 | むすび日記
<< カムバック フィールドワーク >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動