紙芝居劇むすび



失敗がないのは失敗か

今日も人前で公演。「ぶんちゃんの冥土めぐり」を披露する。

今日でたぶん「ぶんちゃん」は公演30回目だ。
100回 1000回と 演じ続けられる作品に育ってほしい。

去年のロンドン公演でも演じたので これに関しては
セリフが口をついて出てくるほど 稽古が積まれており
今日の公演では 失敗ゼロ。ほとんどパーフェクト状態でフィニッシュした。

「ボケが進行して セリフが飛んだり みんなをハラハラさせてくれるのが
むすびの持ち味なんですよ」 と 事前にフォローしてくださった
ありむらさんも きっと拍子ぬけしただろう。

おじさんたち自身も 「えっ」 と意外な様子。
「完璧すぎて おもしろくなかった」と称賛も含めて伝えると
「そうやな。ちっとぐらい間違ったほうがええな。」 とおじさんニッコリ。

たまには役を換えるとか 違う演出に挑戦してみるとか
「完璧ぶんちゃん」を崩してもいいかも。
でも きっとおじさんたちは 間違えずに演じたことを
誇らしく思っているだろう。

暑い暑い日 今日もおつかれさまでした。
by musubi-pro | 2008-07-26 21:37 | むすび日記
<< 夏まつり間近 夏の公演は熱い >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動