紙芝居劇むすび



おむすび屋台報告(日記)

8月13日

初日がやってきた。時間配分や材料 人手は足りるか いろいろ不安でもある一日目。
1日200食提供をめざしてスタート!

11:00に米を炊き始める。お手伝いの人が続々とやってくる。
昼ごろには事務所はおじさんたちとボランティアのみなさんでごったがえし
おにぎりも3分の1程度できあがった。
e0035629_10161275.jpg

ココルームで3台 むすびで3台の炊飯器をフル稼働し
次々と炊きたての米が運ばれてくる。
おむすびは型を使用してつくるので できあがりはとてもきれい。

湯気と人の熱気で 冷房がきかない。
午後は途中でアイスクリーム休憩をした後も
おにぎりをつくり 海苔を巻き 冷まし おかずを詰め パックを閉じる作業は
休みなく行われた。

自炊はあまりしていないおじさんたちも 慣れない手つきで米を研ぎ
炊飯器にかける。

16時出発では日差しがきついので 17時搬出を決めるものの
17時になってもおむすびづくりは終了しない。
屋台の設営組と おむすび組に分かれて 販売をはじめる。
17時半ごろ ようやく全員で三角公園に移動する。
おむすびはしょっぱなから よく売れている。

19:20 完売

8月14日

11:00開始。昨日からのメンバーが段取りして 快調なすべりだしを見せる。
新たな助っ人も続々登場。 おじさんたちもうれしそうだ。
e0035629_10174576.jpg

午後 ボランティア募集のチラシを見た とNiさんと同い年 77歳のおばあちゃんが
車イスに乗って 駆けつけてくださる。 チヨさんとおっしゃるその方は
すごい達者 すごいポジティブで みんなを圧倒する。
「みかけは年取ってますけどね 気持ちはみなさんと同じです」
海外を飛び回り 社会活動に身を呈し かわいい笑顔がたまらない
チヨさんに ものすごい元気をもらって 屋台へ出発。
e0035629_10185382.jpg
エッグスには差し入れや 海苔や梅干しをもった人や
激励に訪れてくれる人が次々と登場し にぎやかなことこのうえない。

今日は17時には余裕でおむすびが出来上がる。
毎年手伝いに来てくれるご夫婦と やはり毎年来てくれるかわいらしい小学生の姉妹も
売り子の助っ人をしてくれるので 19時過ぎには早々と完売。

今年はまつり自体に人の出が多いのか おむすびも早く売れる。


8月15日

もう最終日。天気ももったし 楽しく過ぎた3日間を 早くも振り返る。
今日も一日楽しみましょう。

3日目ともなると みんなすっかり流れ作業をつくりだして
おむすび製造の町工場と化す。元研磨職人のFさんを囲んで
若者が黙々とおむすびをつくりだす姿は さながら親方と弟子たちのよう。
e0035629_10154550.jpg

16時には製造すべて終了する。炊飯器を貸してくれた人や
病気で隠居しているメンバーにもおむすびを届けて
おじさんたちと若者たちは ぼつぼつと話をしている。
部活の合宿のように 爽やかで 体育会系の雰囲気がなんとも楽しい。

差し入れにいただいたスイカをサクサク切り分けてくれるFさん。
みんなのお父ちゃんみたい!
e0035629_1015236.jpg

17時15分。今日は相撲大会があったので 少し時間を遅らせて出発。
西日が照りつける三角公園は すでに見慣れた風景となって
おむすびを買いに来る常連さんもできた。

今日も順調に19時15分には完売。もっとたくさん作れればよかったのだけど。
今日は最終日なので エッグスに撤収の後 差し入れのお菓子とお茶で 
ささやかに打ち上げをする。
みんな明るい いい顔をして 話に花を咲かせていた。
e0035629_10194947.jpg

そして最後の盆踊りに繰り出す。
今年も無事で 楽しく いい出会いがたくさんあったことに感謝!
体調が悪かったりして人手不足なむすびを 見事にフォローしていただいて
おじさんたちも元気に3日間を乗り越えました。

釜ヶ崎をふるさとのように思って 毎年来てくれる人も増えてきました。
初めての人や久しぶりのひとやお馴染みの人が一同に集ってくださったり
エールを送ってくださったり むすびにとってどれだけ大きな励ましとなったことか!
あらためてお礼申し上げます。
e0035629_10202123.jpg


 
by musubi-pro | 2008-08-18 10:20 | むすび日記
<< 大仕事 またひとつ終了 おむすび屋台報告 とりあえず >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動