紙芝居劇むすび



いそがしくても

9月の公演が6つになった。
そのうち滋賀に2回行く。

おじさんたち 大丈夫だろうか?

入ってきた依頼を 「どうするぅ?」と問うと
「できます。断ったらアカン」とおじさんたち。
ありがたい送り迎え付きの依頼だし 謹んで受けることにした。

実は8月の終わりに仲間が一人ダウン。
入院してしまった。
むすびに残されている時間はどれほどなのか。

おじさんたちがあんまり無理せず 長く続くように祈るのだが
のっているときは止まりたくない気持ちはわかる。
止まってしまうと 倒れてしまうかもしれない不安もわかる。
それよりも毎日「今日はどんな人がくるのだろう?」と
目を輝かせているおじさんたちの気持ちを
励まして 分かち合って 
今日も何人かの人が事務所に遊びに来てくれた。

期待の新人Hさん(78)を起こしに行ってもらって稽古。
新人のフォローはまかしとけ といわんばかりのベテランさんたち。

最近 おじさんたちが人を惹きつける力が強くなったように思う。
by musubi-pro | 2008-09-02 22:12 | むすび日記
<< ずっこけ 電話復旧 >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動