紙芝居劇むすび



旭区で公演

今日は旭区・両国で公演する。

年に1回はお年寄りの誕生日会のお楽しみとして
呼んでいただく。
今日は3回目だったのもあり
車で迎えに来ていただいたのもあり
おじさんたちもリラックスして近所を散策したりしている。

むすびに出入りしている学生さんや 謎のおじさんヨシゾウさんも
同行して下さったのでにぎやかにぎやか。
お弁当をみんなで分けあって
学生さんは桃太郎の「波の音」をおじさんたちに頼まれて
小石の入った箱を「ザザー ザザー」と揺らす。
ヨシゾウさんは後ろで見守る。

最近お年寄り相手の公演が少なくなったけど
「お互いがんばって長生きしましょうで~」と語りかける
人生のエキスパート同士の交流はほほえましい。

お年寄りは一見反応が小さくて 楽しんでくれているか不安になるけど
きらきらと目の奥で光るのが見えた時
ちゃんと喜んでくれているのだな ということがわかった。

充実感を胸に 明日の栗東公演に備えて 早めに解散する。
by musubi-pro | 2008-09-11 18:43 | むすび日記
<< 滋賀珍道中 ずっこけ >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動