紙芝居劇むすび



クリスマス会

年中行事はわりと欠かさないむすびのクリスマス会。
「人数こんだけ~?」
といいながらも ひとり退院して4人になったおじさんたちと
お馴染みさん3人。

むすび特製・団子汁とおむすびをつくってみんなを待っていたおじさんたち。
ハクサイやダイコンなど冬の野菜がたっぷり入って 
おじさんたちにこそ あったかい食べ物を食べてほしい。

なんとなく集まっただけなので 食べながらおしゃべりをしていたが
Tbさん(はるお師匠)に花を生けてもらおうと思って
ちゃっかり花を用意しておいた。

凛々しい表情で パチンパチンと花を生けていくはるお師匠。
かっこいい!
e0035629_17312415.jpg


はるお師匠に見とれてしまっていたため
Knさんの持ってきた紙芝居を見るのを忘れてしまった。
残念残念。

クリスマスケーキを食べる前って
どうするのがいいのだったっけ と思いながら
「メリークリスマス!」という人やら
でもNiさんが手拍子とともに歌いだした「赤鼻のトナカイ」の合唱がはじまる。
しかも合掌で締めくくって ケーキを食べだすあたりが
ほのぼのとしている。

あとは残りの日にちで掃除をボチボチして今年は終わり。
29日の10時頃からエッグスの掃除の仕上げをして
年越しそばを一緒に食べようかと思っています。 
よかったらどなた様もご一緒に。
by musubi-pro | 2008-12-23 19:01 | むすび日記
<< テレビの余波 仕事納め >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動