紙芝居劇むすび



あけましておめでとうございます

むすびの年明けは 住吉大社参拝から始まる。

久々に集まったメンバーに「いいお正月だった?」と聞くのもヤボで
みんな見事な寝正月を敢行したらしく
「いいもなにも することがないし」とのことだった。
お雑煮を食べる機会もなかったおじさんたち。

とにかく ゆっくり休んで 元気に出てきてくれただけで感謝。

それでもおじさんたちは「センター」や釜ヶ崎内の公園を見て回っては
「炊き出しに並ぶ人が多いなぁ…」と
今の世の中を憂いている。

いろいろ 思うところはあるけれど
まずは神社をぶらつきながら ウォームアップ。
「オレもテキ屋やったことあるなぁ… そういえば初詣の警備員もやったなぁ」
おじさんたちの年頃では 思いだすことも多いようで
歩きながら感慨に浸っているひとも。

毎年境内でおみくじをひく。
大吉 中吉 小吉 といろいろ出て
それぞれに ぴったりと当てはまっているようなことばで
皆 襟を正す。

またチンチン電車でエッグスに戻ってきて
書き初めをはじめようとしていると
お馴染みさんたちがぽつぽつとやってきた。
それぞれ思いのたけを筆に込めて
今年の希望や 決意や 心境をしたためた。

みなさま 今年もよろしくお願いいたします。
e0035629_15593369.jpg

by musubi-pro | 2009-01-05 19:29 | むすび日記
<< むすびの軌跡 今年も無事に >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動