紙芝居劇むすび



メリハリが大事なので

むすびの詰所 エッグスは年が変わってもマンネリ気味だった。

「あーあ しんど」 「今日は練習せえへんのか?」
小さくアクビをしながら窓の外を眺める毎日。

むすびは誰もが集える場所。でもあてもなく毎日毎日人を待ち続け
来た人の相手をし 紙芝居の練習はしたいけどみんながその気にならないし。
「オレもさすがにしんどいよ。」
とついに おじさんたちが口火を切った。

それならば と話し合った結果決まったこと。

* 火曜と木曜は 午前と午後に紙芝居の稽古をするので必ず集まること。
* 月・水・金は自由な日。基本的にむすびはリーダーが開けてくれてるけど
  必ずしも朝から夕方までいる必要はない。
* 土・日は事前に来客の連絡がない限り、基本的に閉める。

むすびという場所が①紙芝居グループ という側面と
②老若男女の集う場所 という2つの側面があったので
おじさんたちは その両面に縛られてしまい 身動きとれずにいたようだ。

よってマネージャーも練習をする火と木に行くことにする。
おじさんたちが紙芝居に集中できるきっかけとなるか。

お客さん大好きのおじさんたちなので
曜日にかかわらず 土日でもご連絡いただければ開けています。
遊びに来る方はなるべくお電話くださいね。
by musubi-pro | 2009-02-07 19:08 | むすび日記
<< 仕事始め デビュー はじめてだらけ ヤング@ハート >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動