紙芝居劇むすび



忙しかった週末

21日 土曜日

滋賀県の野洲市に出張公演。
おじさんたちは移動中 寝るでもなく 一生懸命窓の外を眺めている。
緊張と興奮が少しずつ高まっていくのが ここちよい時間。

今日は人権のイベントで 商業施設での公演だった。
以前に堺市のスーパーでも行って経験しているように
スーパーにはいろんな音があふれている。

こどもたちを集めようと お面をつけて 拍子木鳴らしながら
ちんどんに回る。「紙芝居始まるよ~」
大人もこどもも 突然現れたファンタジックなおじいちゃんグループに
興味津津。

とくに紙芝居の中の「オニのパンツ」の歌があたりに響き渡った瞬間
あちこちから人が「なんだなんだ?」と顔をのぞかせた。
おじさんたちの声 動き 本人たちは気がついていないような
おもしろさがある。

こうして遠征公演を無事に終えた。
人々とのふれあいがまたエネルギーになった。
e0035629_154924.jpg


22日 日曜日

昨日の疲れもださずに 朝から集まっているおじさんたち。
午後から近所の救護施設「平和寮」での公演なのに
「何の演目をやったらええんかな?」と ボーっとしている。

おじさんたちプロなんだったら ちゃんと決めて練習しとかないと…
文句を言ってるヒマもなく 新しい演目に手をつける余裕もなく
昨日やった「ぶんちゃんの冥土めぐり」をすることに。

今日は5,6年ぶりに舞台に立つSiさんが助っ人参加。
体調が悪いのでずっと一線を退いていたSiさんだけど
少し調子が良いのか「近所で公演やるときは手伝うわぁ」と言ってくれた。

もうダメか と思ったおじさんが また立ちあがって光を浴びる。
むすびでは 人間の限界を超える姿が見れる。
不死鳥のように なんども返り咲け おじさんたち。

そんなこんなで 心配をよそに やっぱり本番に強かったむすびの
慌ただしい終末が終わった。
by musubi-pro | 2009-02-22 19:53 | むすび日記
<< 釜ヶ崎に花が香る おじさんたち 大丈夫~? >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動