紙芝居劇むすび



早すぎた花見

今年は桜の開花が早い という初期の情報をもとに
花見を設定していたので
今日の花見はなんとも寒く そして桜のない散歩となった。

そのかわり 大阪市大阿倍野プラザの関係者のみなさんとの
合同のはこびとなったので 20数名という大所帯でにぎやか!
しかもフィールドワーク+花見の2本立て。

お弁当に きのう誕生日を迎えたKtさんが 本職だったロールパンサンドを
朝早くから準備してくれた。
次々と仲間が加わり 一気に作り上げる。色どりがとってもきれい。
e0035629_16241527.jpg

フィールドワークは 大阪の昔の長屋ウォッチングをメインに
南田辺~北田辺あたりを歩く。大学の専門家の解説付きで
街を丁寧に見て歩くといろいろ発見もある。
原爆の模擬投下が行われたというポイントの碑もあって びっくりした。
e0035629_16244555.jpg

2時間もかけて歩いていたら おじさんたちはフラフラに…
足が悪くて「今日はどうしようかな」なんて言っていたおじさんも
会話楽しさに 歩き通すことができた。

「自分がこんなに歩けるとは思わなんだ」 と自分でもビックリ。

桜は二部咲き。風が冷たいので長屋を借りたという阿倍野プラザの
室内で昼食をとることにした。
でも桃ヶ池公園は桃の花がきれいに咲いていて
菜の花やタンポポや 春の風情は楽しめた。
e0035629_162524100.jpg


すっかり足がガクガクになり お腹もみたされた一行は
エッグスに戻って誕生会の続きをすることにした。
電車で新今宮まで戻ってくると
おじさんたちはホーっとため息をもらす。
誕生日の主役のKtさんとHjさんは みんなからメッセージを書いてもらい
ケーキのろうそくを吹き消すと ささやかながら
また年を重ねた実感もわいたようだ。
e0035629_16315192.jpg

by musubi-pro | 2009-03-28 20:07 | むすび日記
<< おじいちゃんだらけ にぎやかに >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動