紙芝居劇むすび



カテゴリ:むすび日記( 494 )


スピード感

病院に行ったのでいつもより遅れて事務所に行くと 物静かなふたりがお留守番している。
「あれ~台風だから もう来ないかと思ってたよ。」
台風はともかく 行く日に穴を開けて『来るのか来ないのだか分からないやつ』にはなりたくない。

間もなくかなよさんと紙芝居の指導をしてくださるという林香奈さんが入ってきた。同時に卒論のために宮崎からやってきた学生さんと おじさんふたりも戻ってきて 一気に席が埋まる。
林さんのためにその場で『ぶんぷく茶釜』(林さんご自身で朗読)と『おむすびころりん』(リーダー朗読)が上演される。「なんで籠の中に茶釜がはいっているのに気がつかへんねんー」「おじいさんが狸を利用したらあかんやろー」激しい林さんのツッコミに一同たじろぎながらも 無事朗読終了。Aさんの構想中のニューレパートリーにも話が及ぶ。

お昼ごはんを食べてからは 8月中にできたら新作のシナリオを書きつつ 紙芝居の絵も仕上げていくことが確認された(はずだ)。

3時。ほとんどの人がいなくなって私と2人のおじさんの3人になる。
なんとなく元気がないという話。メンバーが足りないという話。
「おじさんたちが楽しめるスピードでやったらいいよ。」
おじさんはホッとして微笑んだ。
by musubi-pro | 2005-08-06 22:50 | むすび日記

「ぶんぷく茶釜」公演

夕方から再生フォーラムの会合で紙芝居をするというので 観にいくことにする。
出かけるまで 全員で3回ほど読み合わせをする。練習をするが いつも同じところで引っかかる人 自分の出番を忘れる人 これは年齢のせいもあるのか。

小道具を揃えたりしても出発の2時間前には準備が出来て 長い待ち時間を緊張の面持ちで過ごす。5時ごろ夕食。私のお弁当まで用意してくださっていた。「値段は言えんがの~」300円だというお弁当はまだ温かくてお米がおいしい。

いよいよ出かける時間がきた。危ないから と数人で私をガードしてくれる。男性でも夜一人で歩くと囲まれて金品を奪われてしまうんだから とやたら心配してくれている。市民会館まではごちゃごちゃした通りを入っていく。夕方なので屋台で一杯やったり 買い物したり 公園にたむろする人や犬たち。

会場には関係者 支援者など約10数名が集う。わたしはデジカメでの撮影を頼まれる。
何度か読み間違えもあったが それもご愛嬌で 温かい雰囲気の中公演は終了。
100円均一の商品など おじさんたちはお金もさほどかけず 器用に小道具をつくり
要所ゝに笑える芝居やキャラクターを入れながらも
昔聞いたような懐かしいにおいのする「ぶんぷく茶釜」を演じきった。
by musubi-pro | 2005-08-06 22:32 | むすび日記

2回目の事務所

事務所に入ると「おっどこかで見た顔だなあ」と嬉しそうにする人、照れて目をそらす人、様々な反応だ。私は「ブリジストン」というニックネームをいただいたようで、まあ苗字が石橋なので納得だが、両手で顔のあたりを丸くジェスチャーする人もいることから、タイヤのイメージもあるのかもしれない。「デコちん」「あんぱんねえちゃん」他にもいろいろあだ名をつけられている人がいる。(ちなみにカナヨさんは「ココのママ」)

朝はみんなで『ぶんぷく茶釜』の台本を手にとってそれぞれ声を出している。リーダーの演技指導が熱を帯びてきた頃、みんなの集中力が途切れ始める。途中いなくなる人もいる。西成警察の方にいただいた七夕用の巨大な笹が運ばれてくると練習は中止。隣のサポーティブ・ハウスの女性などが遊びに来ると「べっぴんやな~」とフラフラついて行くおっちゃん。「タバコを買ってくれ~」と入ってきたおっちゃんのサイフは空っぽだ。「こいつ昼飯を食う金がないんやろ。」お金を持ち合わせている人が数人で1000円を捻出した。

リーダーと昼食に行く。身の上話をおかずに中華を食べる。故郷のこと。いろいろあって無一文で大阪に出てきたこと。後悔の色は見られない。その経験を文章にして出版社に持ち込んだこともあるという。妙に生臭い魚の唐揚げを食べながら、そんな人生もありかなと考える。
ココルームに行くので、と別れようとすると近くまで送ってくれる。恋人を送るような、手でも握られそうな雰囲気に面食らう。彼は「おじいさん」ではなく生き抜いてきた「少年」のようだった。
by musubi-pro | 2005-08-06 22:22 | むすび日記

むすび日記

むすびの事務所に足繁く通うわたし(むすびネーム:ぶりぢすとん)がむすびの日々を綴ります。

メンバーたちの奮闘の日々や 生活文化 問題

ここから何が生まれるのだろう。
by musubi-pro | 2005-08-06 22:12 | むすび日記


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動