紙芝居劇むすび



<   2005年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧


またまた新作

また紙芝居を作っている。

12月11日のココルームでのクリスマス会で披露するために
大急ぎでとりかかっている。

『鼻』というタイトルの作品は
芥川やゴーゴリの作品をアレンジしたもので
文学的だ。

リーダーが出来上がった台本を朗読すると
みんなの反応がビミョー・・・
「もっと月光仮面とかの方がこども喜ぶんちゃうん」
いい内容のお話だけど 今までのむすびとは一味ちがう。

読み手の演技力が問われそうだ。

でも うまくいけば じんわりと感じるものがありそうな作品でもある。
さあ どうか。

みなさんの反応をぜひ知りたいので クリスマス会に来て
作品見てください~(クリスマス会の詳細は掲示板に掲載されています)
by musubi-pro | 2005-11-30 10:34 | むすび日記

進駐軍が・・・

むすびのあるおじさんと話していると突然
「ギブミー チョコレート プリーズ プレゼント サンキュー」
と滑らかな英語を話しはじめた。

「こどものとき 進駐軍がおったらなあ 駆け寄って
チョコレートをもらったもんよ」

こんな話はあちこちで聞いたことがあったが 
本当に自分が「ギブミー」と言った人に初めてあったので びっくりした。

そのチョコレートを喜んで食べたのかと思いきや
「そんなん すぐにヤミに持ってって売ったわ」

このたくましさと したたかさとで 生き抜いてきたんだなあ。
by musubi-pro | 2005-11-30 10:23 | むすび日記

◆出張公演いたします


◎クリック!問い合わせフォームへ





■紙芝居出張公演

老人会 誕生日会 子ども会 イベント などに出張公演します。


ご用意いただくもの

7人前後のメンバーが紙芝居を中心に半円に座ります。
 ・それぞれの座る椅子
 ・紙芝居の台を置くテーブル
 ・マイク(20~30人以上の広いスペースの場合)

 ※また紙芝居台の前に 演技をする小スペースがあると助かります。 


費  用
メンバーの移動費(7人前後)はご負担ください。
別途 活動運営のため カンパをお願いしています。
呼んでいただく団体の事情にもよりますので ご相談ください。


時間等の詳細は相談にのります。
高齢者なので遅い時間帯や無理なスケジュールはご配慮くださいませ。 
紙芝居ひとつとメンバーの自己紹介で だいたい30分程度です。

※高齢者がメンバーですので車での送迎や荷物の運搬などご協力いただけると
とても助かります。

お問合わせ・ご依頼はこちらまで。

メール kamishibaigeki@yahoo.co.jp
TEL・FAX 06-6635-2699 
※担当者:石橋まで。高齢のおじさんたちの場合、(もちろん悪気ではないのですが)お約束を忘れたり、メモを取り忘れたりするので公演等の大事なご依頼は直接担当者にお願いいたします。
by musubi-pro | 2005-11-20 09:37 | 問い合わせ・公演のご依頼

おどるむすび

今日は再び詩人・上田假奈代さんとダンサー・エメスズキさんとの特訓。
(12月9日のイベントに向けて)
エメさんに「わたしのマネをしてくださいねー」と言われ
椅子を抱えて右往左往。 激しいラジヲ体操も。

e0035629_23155438.jpg
おお でも それなりにカッコよく見えている。
舞台の上で 神妙な面持ちで 体を揺さぶる おじさんたち。
思わず フフフ と吹き出してしまう。

しっかし なんでもやるおじさんたちやなー と 
そのバイタリティーに つくづく 感心してしまうのであった。
by musubi-pro | 2005-11-15 23:16 | むすび日記

いろいろあるけど

先日NHKの番組で再度取り上げられたむすび。
見知らぬおばあちゃんに「がんばってね~」と応援されたり
静かな反響を呼び キリリと身の引き締まるむすびたちである。

このブログでも ほのぼのと 味わいを残しつつ
日々を暮らす おじさんたちの魅力を
お伝えできるよう心がけているけれど

ときには 机を叩いて 腹をたてることもあるし
それぞれの思惑がずれて 不穏な雰囲気が漂ったり

お金 人間関係 健康 

生身の人間につきものの いろんなことが もちろんある。

しかしこの短気なおじさんたちが「もうやめる!」って言わないのは
むすびを思ってくださる ひとりひとりの気持ちが
彼らを引き止めているのでもあるし

関わる人たちに対する おじさんたちの誠実な感情が
とてもけなげで また応援したくなる
好循環を生み出しているのだと思う。

そして今日も紙芝居の出前だ
by musubi-pro | 2005-11-09 10:01 | むすび日記

身体をつかって

12月9日に本番の「会いたい人よ」。
詩人の上田假奈代さんとダンサーのエメスズキさんと
むすびが共演するという 企画であり
今日はその1回目の打ち合わせだった。

初演で好評を博した『ぶんちゃんの冥土めぐり』。
これに上田さんとエメさんの演出が加わっていく。

おじさんたちは 迷いをかなぐり捨て
ステージの上を よろめきながら 新たなる表現を目指す。

思わぬものが生まれる瞬間。 しかし実際どんなカンジになるのか
まだまだ未知で 楽しみである。


e0035629_1382921.jpg

by musubi-pro | 2005-11-04 21:00 | むすび日記


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動