紙芝居劇むすび



<   2006年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


おじさんたちの冬休み

むすびの事務所は年内は今日で終わり。

部屋は掃除してきれいになったし
年越しカレーソーメンを食べて
来年の目標を語り合って

リーダーが今年もおつかれさんの挨拶をして
「ヨッ」と合図 パーンとみんなで手を打つ。
「イッポンジメ」って職人さんの風習かなぁ。

いかにも締めくくったという感じで ひとりずつ帰っていく。

辞めるとか 辞めないの話をしたり
身体がしんどかったり 年齢を感じたり
去った人 来た人
いろいろありましたが みんな無事で年を越せそうなので

しみじみ よかったと思う。

仲良く 楽しく そこから外れずにむすびは2007年へとすすんでほしい。
おじさんたち おつかれさまー。
by musubi-pro | 2006-12-28 18:27 | むすび日記

ささやかにクリスマス

9時に集合して おでんをつくり始めたおじさんたち。
おにぎりもつくる。 みんなけっこう料理が好きみたい。

部屋中 おでんのにおいが充満して 「味見しよう~」というのだけれど
Niさんに「今 食うたらアカン!」と怒られて なかなか味見ができない。 ひもじいな。

e0035629_11315343.jpg
いい具合に若い人が入れ替わり立ち代わり 訪れてくれて
ささやかながらも 活気づいて うれしいクリスマスとなった。 
Tbさんが抹茶をたててくれたり みなさんの差し入れてくださった
シャンパン ワイン スノーマンのクッキーなども テーブルを飾る。

ココルームの上田假奈代さんがクリスマスケーキを持ってきてくださった。
かわいくて ちょっとリッチな ケーキに 一同ひとめぼれ。
キャンドルをつけて 「ジングルベル」を歌って 「ハッピー クリスマス!」  拍手。
e0035629_11395610.jpg


e0035629_11455722.jpgいい気持ちになったのと 感謝の気持ちをこめて おじさんたちが紙芝居のプレゼント。
季節はずれの「春の里山七人衆」は 長いこと稽古もしていなかったので
ヨレヨレ。

あ~ やっぱり練習しないとダメだなぁ。 とおじさんたちにはいい刺激になったようだ。
大好きなみなさんの顔をみて 食べて 飲んで 紙芝居して
すばらしい年忘れ会ともなった。 
by musubi-pro | 2006-12-22 21:26 | むすび日記

素敵な年末

きのうは 大阪医専にお呼ばれして 
紙芝居を上演した。

むすびで聞き取りをしてくれた4年生の卒論にあたる研究発表を見学した。
そうそう。おじさんたちって 一人暮らしで病気になると困るから
うがいしたり 病院行ったり けっこう健康とか 衛生の予防や対策をしっかりしている。
紙芝居で気力も充実。 元気の秘訣は努力のもとにあるらしい。

リクエストにお応えして 「ぶんちゃんの冥土めぐり」を上演。
ひょっとすると今までで一番いい出来かも と トモくんも言っていた。
おじさんたち きれいなキャンパスに感激して いつも応援してくださる
先生や学生たちの前で とっても気分がよかったのだろう。
e0035629_1151740.jpg

行くとき足をひきずっていたおじさんが 帰りにはスキップでも踏みそうな軽快さで歩いていた。
がんばって ほめられる。 やっぱ いい気分だよねぇ。

いい気分のまま 今日は地元西成の診療所のクリスマス会で公演。
風邪でこどもたちは少なかったが 送り迎えしていただいたうえに
ケーキをごちそうになり 職員さんによる手品やハンドベルまで楽しんで 帰った。
あちこちで愛情を注いでいただいて おじさんたちは幸せ者だと思う。

明日むすびのクリスマス会では 自分たちでおでんをつくろう と買出しをして
今日はオヒラキ。
by musubi-pro | 2006-12-21 17:52 | むすび日記


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動