紙芝居劇むすび



<   2007年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


おむすび屋台終了!

8月13-15日 今年はとにかく暑さで 汗かいて 消耗するお盆だった。

なので おむすびを販売する量を無理せずに
毎日150食ぐらいを出して いずれの日も19:00までには完売した。

今年も多くのボランティアの方たちにお手伝いいただいて
いっぱいの会話と 労働とで
むすびのおじさんたちも ボランティアさんたちも
すっかりと燃え尽きてしまったのではなかろうか。

ありがとうございました~

米や海苔 梅干しを寄付してくださった方も
おむすびを買いに来てくれた方も
ほんとうに 助かりました。

再び ありがとうございます。

今年は男性のお手伝いが多く おじさんたちが小さく見えた感じでした。
(ちなみに「白鳥さん」の姿で おむすびを詰めるTbさんの写真↓)
e0035629_15323849.jpg


インターネットを見た と飛び込んでくれた学生さんもいたし
毎年恒例でお手伝いに来てくださる人も。
お盆のさなか しかも 酷暑の中でしたが
みなさん自然と仲良くなって チームワークが生まれていました。

三角公園のまつり ということで 初めて経験された方の中には
感動した人もあり ビックリした人もあり

だけど 故郷に帰るに帰れない労働者のおっちゃんたち
釜ヶ崎を故郷にしてがんばっているおっちゃんたちのおまつりは
心のどこかを刺激して ジーンと熱くしたのでは?
e0035629_15502132.jpg

酔っぱらったり 喧嘩したりしながらも
ハっとするような言葉をポロリと落したり
なんとも優しい目をするおっちゃんたちに
教えてもらいたいことが たくさんある。

今年の集合写真です
e0035629_15505844.jpg
  
by musubi-pro | 2007-08-18 15:50 | むすび日記

おむすび運動2007報告

 今年も8月13-15日の3日間、西成・三角公園で行われました「釜ヶ崎まつり」に紙芝居劇むすびが屋台を出店いたしました。今年はおむすび屋台ということで協力を募ったところ、全国から米・海苔・梅干などの食材、寄付、当日のお手伝いと、本当にたくさんの皆さまのご支援をいただきました。 

紙芝居劇むすびは今年7月にロンドン公演を果たし、その興奮冷めやらぬところで、また連日猛暑のなかでの作業でしたが、平均年齢73歳のメンバーも若い方々に応援されて、3日間を元気に終了することができました。

おむすび運動の結果、米約40㎏・梅干し約20㎏・海苔1箱などが集まり、1日目131食 2日目143食 3日目149食を売上げました。おむすびにウインナー・チクワ・漬物を添え、1パック100円で販売して、まつりを盛り上げました。この売り上げは紙芝居劇むすびの活動資金にさせていただくとともに、残った食材は釜ヶ崎の野宿者支援施設等に寄付させていただきます。

今後ともよろしくお願いします。紙芝居もがんばります。

屋台の日記
by musubi-pro | 2007-08-16 22:46 | 夏祭り屋台について

それと

ミクシィに参加されている方 むすびのコミュニティが発足いたしましたので
ぜひともご加入くださいませ。
by musubi-pro | 2007-08-14 22:30 | むすび日記

あと一日~

釜ヶ崎夏まつりへの屋台の出店2日目。
いよいよあと一日となった。
まつりも 屋台も 最後まで無事でありますように。

今年はおむすび屋台をやっている。
ウインナーとチクワ 漬物を付けて100円。
彩りもよくて けっこうお得。
e0035629_2225613.jpg


おむすび製造工場と化した事務所では かわいらしいおむすびが並び
手際よくパックに詰められていく。 若い人がたくさん来ると
おじさんたちの昔話もはずんだり 今どきの人の話に感心したりしている。
e0035629_22193647.jpg



1日目は120食つくって 16:00スタート 18:30完売
2日目は150食つくって            19:00完売

なかなかの成績でしょ。

ボランティアさんの助けや
お米や海苔などのカンパをいただいているから
赤字は免れるものの 相当売らないと利益はあまり出ない。
「儲けなくてもいいから 無理せずやろうよ」 とおじさんたち。

屋台は おじさんたちと 若者たち 釜ヶ崎のおっちゃんたちの
大事な接点という意味のほうがむしろ大きかったことに気づく。

今年もボランティアさんが 地元大阪はもちろん 
東京から 石川から 愛媛から 遠くからもわざわざやって来てくださった。
みなさん すごいなぁ!頭が下がる。

これにおじさんたちは大いに元気づけられ
キツイ作業もおしゃべりと笑いで あっという間に過ぎる。
ボランティアさん同士も仲良くなっていったりする姿は
とっても「むすび」な感じだ。

e0035629_22162067.jpg

釜ヶ崎夏まつりは とっても魅力的なおまつりだ。
おっちゃんだらけの夏祭り。土埃と 熱気のおまつり。
綱引きがあったり スイカ割りもある。
ボランティアさんたちも おむすびを売りながら
釜ヶ崎のおっちゃんたちとのやりとりも楽しんでいるようだ。
おっちゃんたちの顔のシワや日焼けをながめ
「みなさん いい顔してるな~」と シミジミ思う。

あと一日。
by musubi-pro | 2007-08-14 22:28 | むすび日記

JANJANに掲載されています

市民の市民による市民のためのインターネット新聞JANJANに
イギリス公演の報告記事が載っています。

http://www.news.janjan.jp/culture/0708/0708130710/1.php
by musubi-pro | 2007-08-14 21:41 | むすび日記

こんどは屋台

イギリス公演の疲れをとる間もなく 8月13ー15日 釜ヶ崎にある通称・三角公園である
夏まつりでの おむすび屋台の準備が始まる。

例年はそうめん屋台だったけれど 今年はおじさんたちのお疲れを考慮して
氷や水の運搬 ダシの準備など負担の多い素麵はお休みして
「むすび」ともじっているのもあり おむすび屋台を出店するのだ。

さっそく試作品を作ってみる。ごはん何合で何人分つくれるのか。
大きさは?値段は?
おむすび2コで50円という設定だけど、それではおつりの手間が大変だ。
おかずをつけて100円にしようか などと おじさんたちの読みはいつも現実的だ。
e0035629_17433258.jpg

手際よくご飯を炊いて 型を使っておむすびをつくる。
「塩味が足らんなぁ」「漬物用のカップ買わな」 
素晴らしいチームワーク!

できあがったのはこんな感じです。
e0035629_1744440.jpg

で 梅干し20Kgの寄付をいただいたり 準備も着々とできているけど
お米が足りない様子です。もし お米持ちの方いらっしゃいましたら
提供をよろしくお願いします。

あと毎年お盆の夏まつりは おじいちゃんたちを訪ねる子供や孫のように
気軽におじさんたちに会いに来てください。

おむすび運動の項目参照
by musubi-pro | 2007-08-09 17:44 | むすび日記


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動