紙芝居劇むすび



<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


エンマさまぁ~

大阪人権博物館で 野外公演をした。

中庭には保育園のこどもたちと 大人がチラホラ。
ちょっと風がつめたいけれど 開放感たっぷりだ。

娘さんがお母さんを お母さんがおばあちゃんを連れてきて
親子3代で応援してくださっているご家族もいれば
オランダとオーストラリアから来て 
むすびと友達になった外国人の人たちも来ていた。

風がマイクを通してゴオゴオいって
お面も飛びそうなほどだったけど
こどもも大人も 一生懸命紙芝居をみている。

「春の里山七人衆」と「ぶんちゃんの冥土めぐり」を熱演し
立ち上がったおじさんたちに 初めての状況が訪れた。

保育園のこどもたちが
「エンマさまぁ~!!」と エンマさまコールをはじめたのだ。
エンマさま役をやったNiさんも 戸惑いながらコールに応える。
そのうち エンマさまに握手を求めるこどもたちで
会場は大騒ぎになった。

ぶんちゃんという5歳の女の子を あの世からこの世へ
送り返してくれたエンマさま
最初はコワイと思っていたのに じつはやさしかったエンマさま
こどもたちは エンマさまのニヒルな魅力にしびれたのだろう。

意外な展開を見せた今日の公演が無事に終わった。
ここ最近では大舞台だっただけに
おじさんたちもほっとして帰路に着いた。
e0035629_227933.jpg

by musubi-pro | 2008-04-19 21:41 | むすび日記

会場の下見に

19日に紙芝居をする大阪人権博物館(リバティおおさか)に下見に行った。

今回は初めて中庭の屋外で上演するので
どんなもんやら と見に行ったのである。

当日も今日のような陽気だといいのだけど。

位置や段取りを決めて しばらく外でのんびりする。
館の人たちも おじさんたちを見て ニコニコとしている。
なんだか人を 楽しくしてくれるおじさんたち。

ついでに展示も見て回る。
「ホームレス」のコーナーでは 自立して活動を行う「むすび」のパネルが
紹介されているし ビデオではむすびのメンバーが語っている。

桜が散って ピンク色の通りを歩いて駅に向かう途中。
クローバーが生えているのを見つけて
いつの間にか みんなで4つ葉のクローバーを必死で探し始めた。
「なかなか ないわなぁ」
こんな乙女チックな一面ももつ おじさんたち。
by musubi-pro | 2008-04-11 22:40 | むすび日記

西成市民館 ほのぼのクラブ設立!

西成市民館で4月から始まった「ほのぼのクラブ」。

むすびがかつてそうであったように 地域のおじさんたちに
部屋から出て 仲間と遊ぼう 友達つくって 生きがいもって を呼びかけ
囲碁や将棋 カラオケなどの時間を提供する事業だ。

むすびのおじさんたちは クラブの運営委員を委嘱されている。
これからボランティアで クラブの日は顔を出し
地域の仲間を励ます役をいただいた。

第1回目の今日は むすび以外には誰も来なかったものの
オセロや将棋で遊んでみる。
おじさんが将棋の手ほどきをしてくれる。
カラオケも試してみたら なかなかハマりそうだ。

釜ヶ崎では初めての取り組みなので どうなるやら
先はわからないけれど 第2 第3のむすびが生まれることを願って。

毎週 水曜日 14:00~16:00 主に将棋・オセロ・囲碁・トランプ遊び
    木曜日 10:00~12:00 主にカラオケ

参加無料 ※コーヒー・紅茶 50円

むすびの誰かが行っていますので よろしかったらどなたも遊びに来てください。
一緒に釜ヶ崎のおっちゃんたちと遊びましょう☆
e0035629_22193124.jpg

胸に「委員」のワッペンをつけた「むすび」のおじさんたち。
by musubi-pro | 2008-04-09 22:06 | むすび日記

こんなのはじめて★

すっかり 近所の保育園と仲良くなって
今日は初めて入園式に招かれたむすび。

地域の教育関係者と並んで 来賓席に座る。

新入園児 とはいっても 最近の労働形態などの事情から
前に座るのは 母親や父親に抱かれた0~1歳児たち。
おじさんたちは ちょっと動揺して
「あんなに小さい頃から預かるのか~」
「え~…?」 とヒソヒソ話し合っている。

おじさんたちの頃からいくと 感覚が違ったのだろうか。
ともかくも 新たな孫たちが増えたのは
地域のおっちゃんたちとしては うれしいことだ。

その後 阪堺線の路面電車に揺られて 花見に出かける。
意外と近所なのに 行っていなかった 帝塚山の万代池。
桜がグルリと植えてあって 満開で晴天の今日は 花見日和だった。

弁当屋もすぐに見つかり 
木の下に陣取って ゆったりとする。
むすびらしいところは 円陣を組むわけでもなく
それぞれに 距離をとって 座ったところだ。

それでものんびりと人や犬や景色をながめて
多忙だった年度末~最近の疲れを癒した。

最近Fさんの口ぐせ 「こんなの はじめて!」 というのがかわいらしい。
電車の乗り換え切符を見たとき 史跡の碑を見つけたとき
最近 いろんな新しい経験をしている おじさんたちには
はじめてのこともたくさんあるのかもしれない。

そんなキラキラした感情を持ち続けるって 素敵なことだ。
e0035629_23283325.jpg

by musubi-pro | 2008-04-04 23:28 | むすび日記

ロンドンから

ロンドン公演のとき タクシーや宿泊 観光まで
あらゆる手配をお手伝いしてくださった
フィリダさんが 日本滞在中の忙しい合間を縫ってむすびにやってきた。

おじさんたちに彼女からおみやげがあった。
イギリスに行った時の写真が入ったマグカップ。
ひとりひとりの名前も入っている。

おじさんたちはフィリダさんに心をこめてメッセージの寄せ書きをした。
そしてロンドンの思い出「おじさんたちのロンドン珍道中」の紙芝居を
上演した。

ひとつの思い出が みんなの財産になっていく瞬間。

フィリダさんもおじさんたちも とてもうれしそうで
体力に自信がない と最近不安げなおじさんが
「また イギリスでお会いしましょう」 とか言ってる姿を見ていると
まだまだ 野望は多いようだ。
by musubi-pro | 2008-04-01 20:35 | むすび日記


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動