紙芝居劇むすび



<   2008年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧


今年も無事に

朝から大掃除だった。
今年の掃除のテーマは「捨てる」こと。

戦争時代や野宿時代を生き抜いてきたおじさんたちだから
なんせ物を捨てない。
あちこちに突っ込んで封印された過去の遺物や
バナナのミイラや 意味のわからなくなった書類を
ゴミ袋に放りこんでいく。

有力な助っ人も何人か来てくれて
掃除に加えて 整理も同時進行してくれている。
ありがたい。

予想をはるかに超える時間を費やして
なんとか 気になるところが片付いた。
(冷蔵庫と倉庫は手つかずのままでしたが)
e0035629_1127292.jpg

ハー 腰をさするおじさんたちと 手が止まらない助っ人軍団をみて
年越しのそばを食べることにする。
エッグスのカセットコンロでは 今年多くの料理がなされたが
今年はお蕎麦でしめくくり。
若い人もいるので 食べきって気持ちがいい。
e0035629_11322146.jpg

ひとりで過ごす年末年始
おじさんたちにはありがたくない正月休みかもしれないけど
しっかり休んで 来年フレッシュに集合できることを願う。

むすびの近くの市立更生相談所では
年末年始を南港の一時避難所で過ごすための受付の列が
長く長く続いていた。
by musubi-pro | 2008-12-29 20:15 | むすび日記

テレビの余波

関西では20日に放映された朝日放送の「生きる」。
むすびが紹介されてから数日が経った。

むすびのおじさんたちが西成の街に出るたびに
誰かが「あんたテレビに出とった人?」と声をかけてくれる。
さすが釜ヶ崎のおっちゃんたちは朝が早いのか
朝5:20からはじまった番組を見ていた人が多いらしい。

今日も「スーパー玉出」で「テレビ見たよ。がんばってな。」と
声をかけられた。
まだまだ眠っている「むすび」予備軍のおっちゃんたちが
これを見て入団してくれないかしら。
by musubi-pro | 2008-12-24 18:20 | むすび日記

クリスマス会

年中行事はわりと欠かさないむすびのクリスマス会。
「人数こんだけ~?」
といいながらも ひとり退院して4人になったおじさんたちと
お馴染みさん3人。

むすび特製・団子汁とおむすびをつくってみんなを待っていたおじさんたち。
ハクサイやダイコンなど冬の野菜がたっぷり入って 
おじさんたちにこそ あったかい食べ物を食べてほしい。

なんとなく集まっただけなので 食べながらおしゃべりをしていたが
Tbさん(はるお師匠)に花を生けてもらおうと思って
ちゃっかり花を用意しておいた。

凛々しい表情で パチンパチンと花を生けていくはるお師匠。
かっこいい!
e0035629_17312415.jpg


はるお師匠に見とれてしまっていたため
Knさんの持ってきた紙芝居を見るのを忘れてしまった。
残念残念。

クリスマスケーキを食べる前って
どうするのがいいのだったっけ と思いながら
「メリークリスマス!」という人やら
でもNiさんが手拍子とともに歌いだした「赤鼻のトナカイ」の合唱がはじまる。
しかも合掌で締めくくって ケーキを食べだすあたりが
ほのぼのとしている。

あとは残りの日にちで掃除をボチボチして今年は終わり。
29日の10時頃からエッグスの掃除の仕上げをして
年越しそばを一緒に食べようかと思っています。 
よかったらどなた様もご一緒に。
by musubi-pro | 2008-12-23 19:01 | むすび日記

仕事納め

今年最後の紙芝居公演は 中之島の中央公会堂。
あるNPOのクリスマスパーティーでの公演だ。

本日のメンバーには女性がふたり入っている。
今日になってはじめて全員がそろったので
準備時間を利用して 台本の読み合わせ。

公会堂のレトロな空気の中で
緊張感を携えたメンバーたちの姿が とってもうつくしい。
e0035629_16461695.jpg


今日の演目はリクエストをいただいて3回目の「トモちゃんとカッポレくん」。
冬の日差しが差し込んで なんとも優雅な公会堂の小会議場に
ゆるさ全開のむすびがトップバッターで登場。

なんだかロレツがまわらないおじさんや
自分の読む場所がわからないおじさんを
助っ人メンバーがフォローしてくれて
助け合いながら なんとか話は進む。

『カッパのダンス』のうたと踊り 見せ場なのに バラバラだぁ。
それでも演者たちは 力技でごまかして 席に戻ってきた。
いちいちハラハラしてしまう。

なんだか納得いかないような顔のおじさんたちではあったけど
なんとか終わって 「おわった おわった」と喜ぶ。e0035629_1659491.jpge0035629_16592267.jpg







実は今日エッグスを出発しようとしていたとき
入院していたFkさんがひょっこりと入って来た。
今朝病院から退院してきて 直接寄ったらしい。
さすがに今日の公演には間に合わなかったけど
みんなほっとした。
by musubi-pro | 2008-12-20 21:42 | むすび日記

生まれちゃいました。 紙芝居ライブ

いよいよ紙芝居ライブの当日が来た。

Adさんが「もたいまさこ」風美女になるかつらが完成
Niさんの後ろ姿がカメ虫っぽい かっぱの甲羅が完成
いろんなことがギリギリとなって かたちを現してきた。
e0035629_9373973.jpge0035629_9375181.jpg






本日のむすび:
おじさん3人(Adさん Niさん Tbさん)
若いメンバー4人(Yゾウさん Tナカさん Kムラさん Kマサさん)
当日になって 声をかけられた人もいる。
なんせ 老いも若きも力を合わせて 成功させるしかないステージ。

本日会場には52人のお客さんと 関係者合わせて60人以上の人がひしめく。
こどもさんを連れた人もいれば 若いカップルも おじさんも
落ち着かれた夫婦も 年齢層の幅広さを感じる。

ひきたまさんの演奏からはじまったライブ。
雰囲気に引き込まれていくお客さんと出演者。
ベテラン紙芝居師の古橋理絵さんがトップバッターで
すごい気配り すごい存在感
礼儀正しくて 小さな体の古橋さんから
すごい声が響いて『名探偵トモちゃん』という昔のお話が
今集まっているみんなにリアルに届く。
お客さんに気が行き届いて場のつなぎ方が抜群の古橋さん。
「勉強になるわぁ」

2つめ 本町靭さん。
マンガーソングライターとは?今日この公演を見るまで
本町さんのステージを拝見したことがなかったので
しっとりと 大人しそうな本町さんが豹変する様を目の当たりにして
みんな最初戸惑いながら すっかり魅了されてしまった。
なんというか 独特 でも跡を引かない自然体。
横で見ていたスタッフも のたうちまわるほどのおもしろさ。

ここまで盛り上がった会場を白けさせるわけにはいかん。
だんだんことば少なくなるむすび関係者。
5歳の少女役をやるAdさんに頬紅と口紅を塗ると
すっかりおしとやかに 昔の女学生の風情で微笑んでいる。

この日一般初公開の『トモちゃんとカッポレくん』。
奇しくも古橋さんの『名探偵トモちゃん』と「トモちゃん」つながり。
ひきたまさんのバックミュージックをスパイスに
ときにほのぼのと ときにひょうきんに 話が展開していく。

おじさんたちの紙芝居劇団としてやってきたむすびだけど
今日見ていただいたように 最近では
若い人が参加してくれるようになった。
みんなで守るむすび。ホームレスとか年齢とか 関係なくなってきたことが
なんだかすごい。

古いメンバーに関して言えば 公演は100回近くやっている。
セリフを忘れたり 思わず愚痴ってしまったり
いろんなハプニングを取り込んでいく間合いが絶妙だ。
それなりにキャリアは積まれていたのだなぁと思わせられる。

それにしても今日ほど紙芝居の懐の深さを感じたことはない。
三者三様の紙芝居 ひきたまさんの音楽とのコラボレーションが
会場のお客さんと みごとに一体化して ひとつの場をつくって
もっとたくさんの人に観てほしくなる。

フィナーレは『買い物ブギ』の合唱♪
手に手に鳴りものを持って にぎやかにしめくくった。
ああ楽し。
メンバーの入院や脱退や 直前でいろいろあったことが
吹き飛んでいく。

エッグスに帰ってきて リーダーが
「間違えて 笑ってもらって喜んどったらいかん。
まだまだ完璧ではないんだから」と喝。

むすびに「完璧」はないのでは…と思いつつ
そういう真摯な気持ちが お客さんを爽やかな気持ちにしているのだろうと思う。

今回の仕掛け役をしてくださったひきたまさん
お客さんとの掛け合いを見事に見せてくださった古橋さんと本町さん
ご一緒してくださってありがとうございました。
また第2弾をできるといいですね。

今回会場をご提供いただいた音太小屋さんも
今日の雰囲気にこれ以上ないぐらいピッタリでした。

そしてなによりご来場くださったみなさんと「行けないけどがんばってね」と
エールを送ってくださったみなさん ありがとうございました!
e0035629_10271930.jpg

[写真提供:堺市役所勝手にむすびを応援する会]


ひきたまさんのブログ
by musubi-pro | 2008-12-16 10:38 | むすび日記

下見に

12/14紙芝居ライブの現場 音太小屋に下見に行く。

おやっと思う路地の奥に 遊び心いっぱいの劇場発見。
入口にグレートデンの置物があって びっくり。
床にも壁にも 見逃してはいけないお茶目なペイントがあったりして
入る前からわくわくしてしまう。

「ほー ほー」 とおじさんたちもしきりに感心。お気に入りの様子。
会場の広さといい 場の持つ雰囲気といい
演者と観客が一体感を持てること間違いなし!

「…あとは俺らの演技だけか。」 と ちょっと武者震いのNiさん。
「へぇー いい会場ですねぇ」 と 他人事みたいなAdさん。
今週の日曜ってこと わかってるのかな??

紙芝居ライブというとおり
紙芝居師・古橋理絵さん シンガーソングライター・本町靭さん むすびの紙芝居に
ひきたまさん(シンガーソングライター)
がライブで音楽を挿入してくれます。
どんな風になるのか。

前売券発売中です。(前の日までに申し込んでいただければ100円引きになります。)
by musubi-pro | 2008-12-10 21:44 | むすび日記

遊びに来てね

最近むすびの事務所・エッグスをのぞくと
AdさんとNiさんが座っているだけ。
入院しているメンバーたちを待ちながら
「電話がかかってきたらアカンから」と 店番をしてくれている。

今日はむすび新聞の発送作業があったけれど
Adさんは14日の紙芝居ライブに向けて
台本を書き直しているし

しかたなくNiさんが文句も言わず チラシを折ったり
封筒詰めして 切手貼って 郵便局に持って行った。

「ぼやき」だったNiさんが 「仕方ない」と言って地道に作業する。
「男子厨房に入らず」で育ったAdさんが毎朝コップを洗って コーヒーを入れる。
自分を変えてまで 一生懸命むすびを守ろうとしてくれるおじさんたちが
神々しく見えてくる。

前の道を誰かが通るたびに 顔を上げて見ているふたり。
誰か来ないかなー と言わんばかりに。
お時間のある方 ふたりがマンネリにならないように
お話に来てくださいね。
by musubi-pro | 2008-12-02 20:36 | むすび日記


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動