紙芝居劇むすび



<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


ワークショップwithストリートワイズオペラ~WSと本番

29,30日と2日にわたって行われたワークショップでは

①カラスのくろちゃんのテーマ曲をつくる
上田假奈代さん(詩人/ココルーム代表)作の歌詞に曲と振りをつける
②オペラの一部分を演出する
③以上を観客の前で発表する

これらのタスクを1日2時間 計4時間でつくりあげることを目指した。
さらにむすびのおじさんたちは新作の紙芝居を発表しなければならない。

ワークショップリーダーはイギリスのストリートワイズオペラからドムさん。
ピアニストでもあるが リーダーとしてもとっても優秀で
真似っこゲームや 見えない蝶を手渡していくゲームで
うまくウォームアップしながら 会場の雰囲気をやわらげていく。
e0035629_16271296.jpg

ドムさんの大きな表情と動きに むすびのおじさんたちはクギづけ。
ついつい体が一緒に動いて 表情がでてきて 声もでる。
おじさんたちがやるたびに「ワンダフル!」「イエス!」と褒めてくれるドムさん。

クロちゃんのテーマは 亡くなったメンバー婦木さんを偲ぶもの。
ドムさんが「どんな印象?」「どんなテンポ?」「どんなメロディー?」
と みんなに細やかに聞いて 会場の参加者から
「やっぱり夕方の寂しいイメージやな」とか
「ここは ガラっと変わった方がいいわ」など 積極的な意見が出た。
なかには メロディーを口ずさむ人もいて
ドムさんが上手に拾いながら 曲にしていく。

哀愁を帯びた でも力強い曲ができあがった。
振りもみんなで考えて 歌と一緒に動くことになった。
e0035629_16453557.jpg


オペラのほうは プロのソプラノ歌手の方を囲み 参加者は群衆となって
プッチーニのオペラ 「ジャンニスキッキ」より「わたしのお父さん」の一場面に
取り組む。オペラ歌手の声をこんなに身近に聞くこともめったにないことだ。
イタリア語の短い歌の部分をおじさんたちも含め みんなで歌い
また振りもつくって 動く。とっても素敵で 感動的な一場面ができあがった。

本番

31日18:00 水都大阪の中之島会場につくられた文化座劇場。
約50人の観客に見守られて 紙芝居「ねこちゃんの人生スゴロク」から上演。
公には初披露なので 手間取ったり セリフ回しはうまくいかなかったけれど
おじさんたちは集中して 声をだす。
紙芝居のあと 婦木さんに捧ぐクロちゃんのテーマをみんなで歌う。

 かあ かあ かあ ふるさとは あの山   かあ かあ かあ ふるさとは あの山
 はたらいて はたらいて あるいてきたよ
 気がつけば 気がつけば この道も なつかしい道
 いつか帰ろうふるさとへ いつか帰ろうふるさとへ
 かあ かあ かあ  かあ かあ かあ

力強い おじさんたちの声に みんなの声が重なって
みんなの人生が重なったような 重厚な雰囲気につつまれた。

そして オペラ。ソプラノ歌手の美しい声が響き
エスコート役や 恋人や森の木の役 役割をもったおじさんたちも
優雅に動き 群衆もうしろから加勢して エンディング…


客席から見ておられた方はどうだったのか わからないけれど
ワークショップ 舞台 をおじさんたちとやってきた参加者として
心にジーンと何かがこみ上げてきた。
イギリスからきたオペラのみなさんや 老いも若きもひとつになって
集中した時間の美しさに
自分を精一杯表現したおじさんたちの自然な姿から発せられる
命のきらめきに
感動が実感としてこみあげてきた。

歌を一緒にうたうこと とか みんなでひとつの作品をつくるプロセスを
今回のように たとえば高齢者であるおじさんたちを囲みながら行うことで
よけいに強い絆が結ばれたように思う。そしてそれをおじさんたち自身が
強く感じたならば 人が生きる意味へのひとつの答えがそこにあるんじゃないかと
みんなの輝くような笑顔を見ていて思った。
YOUTUBEで映像見れます
e0035629_17185264.jpg

by musubi-pro | 2009-08-31 16:19 | むすび日記

ワークショップ続きですけど

今日・明日と オペラ+紙芝居のワークショップがはじまりますが
9月にもむすび主催のワークショップがあります。

こちらは自己啓発系のワークショップで
むすびを存続してきた流れで 必要なこと
たとえばメンバー同士が対等であること どんな支援者の方がいるのかおじさんたちが知ること
おじさん自身が今の自分を受け入れられているか それは誰にも共通することですが

そんなことを見つめなおしたいな と思って開催するワークショップです。
むすびのおじさんたちとまだちゃんと話したことない人も
長く付き合っている人も
むすびに興味はあったけど っていう人も
ぜひぜひご参加ください。参加無料です。

9/12・13(土日)13:30~16:00頃 @西成区民センター
※12日はお茶タイムに紙芝居を上演します。

詳しくは→前の記事
by musubi-pro | 2009-08-29 10:46 | むすび日記

ワークショップwithストリートワイズオペラ

イギリスで活躍するホームレスの人たちの自律のためのアート活動
「ストリートワイズオペラ」の代表者らとむすびが行う
ワークショップがいよいよ明日から始まる。

今回のこれはココルームさんの企画。
むすびがむすびである限り 無色透明な素材として
いろいろなものと絡ませてもらえる。
おじさんたちのピュアな感性が 誰とでも結べる
できそうで できないことだ。

今回もおじさんたち+イギリスの人+オペラ+音楽家
どんなコラボになるのか楽しみ☆

今日は空港からイギリス人のピアニスト ドムさんがエッグスを訪れた。
ニッコニコの彼の笑顔に おじさんたちは安心して
紙芝居を見てもらったり ロンドンに行った時の写真をひっぱりだしたり
すでに意気投合。

別れ際には握手を求めて 「サンキュー!」と自然と口に出ているあたり
おじさんたちの適応力には ほんとうに頭が下がる。

「ほがらかな人だったな」
「明日何やるの?」
期待と不安が混じって こんな気持ちはおじさんたちを活気づける。
by musubi-pro | 2009-08-28 21:20 | むすび日記

月末はアートで

夏まつりに来てくれた人が「おむすびおいしかった」と
感想をくださる。

材料のカンパからはじまり 作る人 詰める人 売る人
たくさんの人の手を経て 心がこもって
おむすびは普通につくる以上においしさを増したのかもしれない。

さて むすびは夏まつりの余韻にひたる間もなく
月末のワークショップに向けて
静かに歩みを進めている。

新作紙芝居の絵がほぼ完成した。
偶然 または意図的に事務所に寄っていただいた方々に
お手伝いしてもらった。

新作は水都大阪2009のイベントのひとつとして発表します。
29・30日とココルーム主催のワークショップ(イギリスのストリートワイズオペラの主催者と!)
→ 発表 8/31(月)18:00~  中之島に特設された「文化座劇場」にて。
詳しいことはここをクリック

ワークショップでは むすびの紙芝居に「劇」の要素をとりこむ作業をすることになるだろう。
歌をうたう とか オペラを組み合わせるという話も。

おじさんたちはというと どんなことになるかもわからず
練習しようとしているのにソワソワ。「もう 帰ってええか~?」
高校野球のシーズン 昼間はテレビにかじりつきたい人もいるので
無理せず早目の解散をしたのだった。
by musubi-pro | 2009-08-20 20:44 | むすび日記

夏まつり 終了!

毎年恒例の釜ヶ崎夏祭り 今年もむすびは おむすび屋台を出した。


1日目

初日。手順をすっかり忘れているので あたふたとしていると時間が過ぎる。
エッグスでお米を炊きつつ ココルームでもお米を炊いてもらって
2個所で炊けたお米を エッグスでにぎる。

おかずは支援者のKkさんが煮しめをつくってくださった。おいしそう~
で 去年のことを思い出しながらできた今年版おむすびパック。
少し自信のなさそうな顔してますが。
e0035629_9355354.jpg
 

4時頃から販売はじめて 6時51分完売。
今日はお手伝いの人も15人近く来てくださって ごった返しの中
約200コ売れた売れた☆

2日目

今日はおじさんたちが中心になっておむすびづくり。
昨日より少人数ながら慣れてきたお手伝いの人もいて
能率アップ!黙々と無駄なく動いて 昨日よりたくさんのおむすびができた。

今日は販売面で画期的な出来事があった。
89歳の新人 Snさんが売り子に協力してくれた。
しかも 残りあとわずか…という頃 ズイズイと前に出てきて
かわいいダンスでPRを始めた。「おむすび 買(こ)うて♪おむすび買うて♪」

あまりのかわいさと 説得力と 神々しさに 勢いでおむすび完売。
昨日と同じく 7時近くに200個強 売れた。

3日目

もう最終日。でもみんなの顔に充実感と疲れの色が見える。
サクサクとおむすびづくり。
おじさんたちも休まずに頑張っている。「休んでください」と
ボランティアさんがすすめるのに「みんながやってんのに 休めんわな」
とおじさんたち。自分たちのために みなさんがやってくれてる
というのが痛いほどありがたいから つい頑張ってしまう。

今日はSnさんも いつも寝ている時間なのにHjさんも起きてきて
みんなでおむすびづくり。
e0035629_15193373.jpg

そして販売時間になると
今日ははじめから長老が鉢巻を締めて登場。
Hjさんのサンドイッチマンも同行。人目を引いている。

そしてフィニッシュは「おむすび買うて♪」ダンス。
女性が2人 そのかわいさにひかれておむすびを買って下さった。
「べっぴんが買うてくれた!」と喜ぶ長老。
今日も7時に持ってきたおむすびが完売。
毎日おむすびを買いに来てくれたり
「おいしかったから」とリピートしてくださるお客さんも多かった。

こうして興奮のうちに3日間のおむすび屋台は無事終了したのだった。
e0035629_9524484.jpg


毎日たくさんの人がお手伝いや激励に来てくださいました。
故郷のように 釜ヶ崎に帰って来てくださる支援者も年々増えて
おじさんたちもにぎやかで 楽しい あたたかい お盆を過ごしました。

参加された方コメントで補ってくださいね。 またお会いできますことを
楽しみにしています。

販売結果:
1日目 193食 2日目 214食 3日目 191食 
(無料券 49食分でました)

3日間でのべ50人近くのボランティアさんがお手伝い下さいました。
材料をカンパしてくださった方も 心配してくださった方も
ありがとうございました。
by musubi-pro | 2009-08-15 23:29 | むすび日記


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動