紙芝居劇むすび



<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


紙芝居じゃないときでも

むすびのおじさんたちのファッションの自由さというか
仲良さそうな雰囲気というか
電車で移動するときにも おじさんたちは人の目を引く。

なんせ見たからにおじいちゃんたちなので席を譲ってもらうと
「ありがとう」と座る人も 「いやいや僕は…」と見栄を張る人もいるけど
「お前 ありがたく座っとけよ!」「おーい こっち空いたでぇ」
「あぁ どうもすんません」 エッグスの状態そのままである。

ネクタイしめて Jリーグの帽子をかぶったHjさんを
隣に座った女性がチラリと見る。会話しながらニッコリ笑った本所さんに
女性も思わずニッコリ。

おじさんたちが電車を先に降りて 電車に残った私とスタッフのKmさんを
手を振ったり ポーズを決めたり ニコニコして見送ってくれるおじさんたちを
横にいた女性たちが「うふふ」と やさしく見つめてくださる。

紙芝居をしていなくても周囲の人をやさしい気持ちにさせる
むすびのおじさんたちってすごい。

今日の紙芝居も一生懸命つとめてきた。
「よかったよ」と言うと ようやくホーっとした顔で「そう言ってもらえたら一番の喜びじゃ」
と輝いたSnさん。
帰り道タクシーがつかまらなくて たくさん歩かせてしまって恐縮していると
足の悪いSiさんが「なんのなんの。ちょうどいいリハビリになるよ」と
元気いっぱいに答えてくれた。この強さと明るさにいつも助けられる。
by musubi-pro | 2010-03-20 22:24 | むすび日記

じいちゃん少女「トモちゃん」

旭区の福祉作業所で 通所のおばあちゃんのお誕生日会をにぎやかす。
今日の出し物は「トモちゃんとカッポレくん」。
むすびの十八番「ぶんちゃん」に続く 5歳の女の子もの。

少女を演じたらピカイチのHjさん。
紙芝居前に衣装とカツラをつけ 役作りのため昨日購入した「赤い靴下」を着用。
ソファに腰かけて 台本を読む姿は すっかり可憐な少女「トモちゃん」である。
しかし演じ終わって歌った「街のサンドイッチマン」のダンスを踊る姿はやっぱりオッチャンでした。e0035629_10421166.jpge0035629_10422557.jpg







むすびのおじさんたちは高齢者にはとくにやさしい気がする。
「自分たちだって高齢者だけど…」
苦しくて 楽しい人生を生き抜いてきた同志たちにエールを送るように
「また来年も来るから お互い長生きしましょうね!」と
語りかけていた。
e0035629_10484164.jpg

by musubi-pro | 2010-03-11 20:38 | むすび日記

曇りの日

90歳のSnさんが実は91歳だったらしく 9月には92歳になるということが発覚。
もうサバ読まなくても… 
という話でもなく 単なる勘違いと きちんと計算した人がいなかっただけ。
「なんか損した気分じゃのー」とSnさん。

ときどきボランティアに来てくれる大学生が
就職活動の途中寄ってくれて「ほーやっぱり景気悪いのか」とか話して
「がんばってねー!」と送り出す。

これまた就職活動中の女性が久しぶりに顔をだして
「最近どうしてたんや」
「一緒に紙芝居行くか?」と誘う。

いっぱい娘や息子たちがいるようで おじさんたちの毎日は
楽しいにちがいない。

今日は夕方ココルームで紙芝居。
インドネシアなどアジアのアートマネジメントの人たちに紙芝居を見てもらう。
言葉が通じなくても 人生の年輪の味は各国共通みたいで
みんな優しい笑顔で見てくれた。

人を素敵な笑顔にできる人って すごいと思う。
by musubi-pro | 2010-03-04 20:55 | むすび日記


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動