紙芝居劇むすび



<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


むすび 映画に

3月11日に発生した東日本大震災を受け、
河瀬直美監督の呼びかけによりはじまった3分11秒で紡ぐ映像作品のプロジェクト
3.11 A Sense of Home Films
『「家」という感覚』をテーマにした作品が
海外の作家を含むさまざまな監督に呼びかけられ、完成しました。

その中のひとり山崎都世子監督は「むすび」をモチーフにした
3分11秒の作品に取り組まれました。
むすびとしては間接的ではありながら 自分たちの姿を通じて震災で希望を失われた方や
疲弊した社会に ほっと一息つけるひとときをお届けできれば幸いです。

各監督の作品は1つにまとめられ 今後各地で上映されていきます。
お近くで上演がありましたら ぜひ足をお運びください。

☆奈良からはじまります!
9月11日(日)は16:30 受付開始/19:00 上映開始
奈良県吉野郡にある金峯山寺にて奉納上映いたします。
http://www.nara-iff.jp/blog/2011/07/311-a-sense-of-home-films.php
9月18日(日)は18:30~
ならまちセンター市民ホールにて上映致します。
http://www.nara-iff.jp/films/asenseofhome.php

9/19、仙台短篇映画祭 http://www.shortpiece.com/prg_f.html
9/23、水戸短編映画祭 http://www.mitotanpen.jp/lineup/923.html
e0035629_13595464.jpg

by musubi-pro | 2011-08-31 14:01 | お知らせ

食欲の話

熱くて大きなイベント後 おじさんたちがどうしているか。

数日前は助っ人の人たちが来て 鍋いっぱいのカレーをつくってもらい
見学に来た人たちとワイワイと食べて

今日はそのカレーの残りに自分たちでうどんを放りいれ
ぐつぐつとおっちゃんクッキングをして「うまいうまい」と食べた。

朝10時にむすびのドアを開けると
アイスクリームを「いただいております」と
おいしそうに食べている91歳の長老がいたり 
ドーナツも差し入れの饅頭も すごい食欲。
むすびにいると みんなといるからつい食べ物がおいしくて
おじさんたち食欲全開。

おかげで大きな夏バテは見られないようだ。


今日は入院しているAdさんも訪ねた。
こちらは自力での食事ができないぐらい衰弱していて
心配な状態が続いている。

しかし今日は強力サポーターKkさん(愛にあふれた素敵な女性)が
「どう お元気ぃ~?」と入っていくと Adさん大興奮!
最初は「あー あー」と 声を出すだけだったAdさんが
「来てくれて うれしいわ」「ご飯食べにいく」と
言葉がでてき始め

病院の方が差し入れてくれたゼリーを この1カ月ぐらいではじめて
自力で飲み込んだ。そして「はい!」と次を催促する。
病院の人もビックリ。「いつもは会話も成り立たないのに 今日は話ができてるし!」

調子に乗ったAdさんと私たちは「よし 今度は歩こうね」と約束。
「歩けるようになったら天王寺公園をデートしましょう」
「歩ける 歩ける」と浅田さん。

ハレーすい星を見て死にたいと常々言っていたAdさん。
女性が大好きで 3畳一間の生活になっても素敵な紙芝居のお話を書いてくれた。

「やはり ただでは死ぬ人ではないわ」と確認する。
おじさんたちが 力強く生きている姿は 何よりも元気づけられる。
by musubi-pro | 2011-08-25 18:54 | むすび日記

釜ヶ崎夏まつり2011 終了!

今年も暑かった。

みなさんが心配してアイスクリームやら冷たい飲み物を差し入れてくださって
なんとか今のところおじさんや助っ人さんたちが倒れたという報告は聞いていない。

今年は「支援ハウス路木」さんもお借りして
エッグスと2か所でおむすびをつくってみた。
それでもお手伝いの手は途絶えず エッグスはいつも満員御礼状態にあった。

今年新しかったのは大阪ボランティア協会さんが「ボランティアスタイル」プログラム
としてウェブで呼びかけてくださり 毎日延べ10人の方が参加してくださったことだ。
暑いしお盆なのに 「何かしたい」と思う人がたくさんいることを知り
とても励まされた。

おかげさまで助っ人さんたちの数は3日間で延べ70人近い。
その他 激励に訪れてくださったり おむすびを買いに来てくださったり
本当にたくさんの人たちに出会った3日間だった。

おじさんたちも午後からは部屋で休んで夕方の売り子として合流するという
楽ができて ちょっとは体力をセーブすることができた。

むすび一同 心より御礼申し上げます。

≪おむすび販売結果≫

1日目 210個(+無料券0個) 16:00~18:20完売 
2日目 209個(+無料券5個) 16:00~19:10完売
3日目 209個(+無料券9個) 16:00~18:40完売

毎日めちゃくちゃに入り乱れてつくったわりには安定した結果で驚き。
e0035629_12141291.jpg


現金のカンパ22122円も合わせて60000円近くの利益になった。

その中から純利益の30%(12760円)は来年の釜ヶ崎夏まつりにカンパし
諸経費(写真のプリントやお礼など)を差し引いた残りは
むすびの運営資金に足させていただくだけでなく震災の復興応援など 
何か有意義な使い方を考えたい。


今年もHjさんのダンスが冴えて
地元の小学生のJくんという頼もしい営業隊長を迎えて
すごい年齢差の販売チームが元気よく声をあげて
おむすびが調子よく売れた。
e0035629_12272284.jpg

来年もみんなでおむすびが売れますように。
おじさんたちはちょっとずつ体が動かなくなったり
参加の度合いも減ってきているけれど
その横で育って来ている次世代の輪も感じた 今年の夏まつりだった。

応援 ご心配いただいたみなさまに再度感謝申し上げます。。

おむすび屋台の様子がアルバムになったデジブックをご覧ください☆
※30日間限定です。
http://www.digibook.net/d/6685efbf80988caca50276e5154b3563/?viewerMode=fullWindow
by musubi-pro | 2011-08-16 12:44 | むすび日記


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動