紙芝居劇むすび



<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


旅行 2011

年に一度のむすびの旅行。
おじさんたちが毎月積み立てて 
羽を伸ばしてちょっとのぜいたくができる機会。

今年は伊賀上野に行った。運転はYgさんとKmさんで
車2台 総勢12名。2歳のKtくんも一緒で
おじさんたちはワクワク。
e0035629_149365.jpg

しかし 最近の旅行はいつも雨。
快晴が続いていたのに 車を降りると雨が降っていた。
「わしじゃないで」とYgさん 「みんな私が悪いのよ」と長老Snさん。

雨の「もくもくファーム」は 足の悪いお年寄りには きつかった。。
なんとかミニブタのショーを見て
帰り際に足湯を見つけて入ってみる。
「わし いいわ」とはにかんでいたHjさんも みんなに勧められて足を浸すと
思わずにっこり笑顔になった。
e0035629_14119100.jpg

宿泊先の農家民宿「風庵」に到着し ゆったり マッサージ大会をしたり
めいめいに時を過ごす。
ぼたん鍋をいただきながら Mmさんの61回目の誕生日(11/1)も祝う。
e0035629_14114227.jpg

夕食後のお楽しみは 民宿の女将さんのリクエストにお応えして 紙芝居!
ご近所さんたちも集まってきて にぎやかに夜は更けた。
e0035629_14165988.jpg
 
おじさんたちは早めに床に着き 若者はおしゃべりに花を咲かせ
みんなが疲れて眠りこんでいる午前3時・・・
長老Snさんの歌声で みんな目が覚めた。浪曲オンパレードで ノンストップ!
「いい加減にしいや。眠れんやないか」 と 怒りの訴えも聞こえてくる。
耳の悪いSnさんは 自分が聞こえないので 
相当の音量で自分が歌っていることがわからないらしく
「おお 聞こえとったか。すまんのぉ」と言ったものの
歌は繰り返され みんなは睡眠不足に陥った。

すべては 歳をとってみないとわからない。

2日目。おじさんたちの体力に配慮して 午前の忍者博物館は断念して
民宿でゆっくりさせてもらうことにした。
都会派のおじさんたちは 特に散歩に行くでもなく
農作業も「おれはいいよ~」と遠巻きに眺めている。
イモ掘りをさせてもらった。
「風庵」では 採れたて地元食材の料理や みなさんとの交流で
お年寄りと小さい子のいるグループにとっては 
なんともやさしくアットホームに過ごさせていただいた。
お世話になりました。
e0035629_14195013.jpg

午後は信楽に移動し それぞれに皿やタヌキなど作った。
後日完成品が送られてくるのを楽しみに待つことにする。
e0035629_1421393.jpg


今年もこうしてどたばたと旅行が終わった。
「なんだか 帰り道はしんみりするな」と帰りの車の中 Niさんがつぶやく。
大変だったけど 仲間で過ごして楽しかったひととき。
一人の部屋に帰るのが惜しい感じがするのだろう。

来年もまた行けますように。
by musubi-pro | 2011-10-31 22:50 | むすび日記

紙芝居公演 目白押し

10月も去ろうとして 11月の予定をみたら
いつの間にか たくさん依頼が入っていました。
おじさんたち 歳をとるヒマはないみたい。

一般入場可能な紙芝居公演のお知らせです。

 11/3(Wed) 四天王寺で紙芝居 いのち紡ぐわたしたちというイベント内です。
        11:30~12:10 @四天王寺東門広場

*11/13(Sat) 桃谷で初めて開催される手づくり市にて紙芝居をします。
        レトロな商店街の中での紙芝居!
        11:30~ と 13:30~ @桃谷商店街(JR桃谷すぐ)

*11/23(Wed祝) 震災支援や東北と関西の交流 ステージやブースなどが出ます。 
        東北⇔関西ポジティブ生活文化交流祭 11:30頃@扇町公園

*12/10(Sat) 西成公民館まつり 午後 @西成市民館
by musubi-pro | 2011-10-28 12:13 | お知らせ

むすびで祝いごと

むすびを撮影してくださっている山崎都世子監督が
結婚されたというので
ささやかなお祝いの会を開いた。

浅田さんが亡くなって 季節が秋に移ろって
なんとなく寂しく 元気のないおじさんたちに
明るい話題で活気を取り戻してもらいたい意味もあった。

働き者のむすびメンズたちが料理に腕をふるい 部屋を飾り
ケーキが届き エッグスは今までにない華やかさ。。
主役のおふたりの到着とともにSnさんが花束を渡し
金銀のクラッカーがはじける。
Mmさん選曲のウェディングマーチも流れている。
e0035629_1236880.jpg

今日のメニューはSmさんの団子汁と Rkさんのチャーハンと
Hnさんの豚ナスキムチと。すばらしく元気が出るメニュー。

仲良い新郎新婦の姿を見て「妬けるねェ~ 熱いねェ~」と冷やかす長老。
いつもは踊り手のHjさんが「高砂」を歌う!と立ちあがったり
Niさんが「誰でもいいから 幸せになってくれると ぼくもうれしいです」と
門出を祝うあいさつをしてくれた。
e0035629_12394248.jpg

ハッピー一色に染まったエッグスは
ゆったりと キラキラと時が流れ 篠笛が響いたりして
素敵な一日となった。
山崎さん 三丸さん末永くお幸せに☆
e0035629_12432090.jpg

by musubi-pro | 2011-10-27 20:28 | むすび日記

最近

紙芝居のおじさんたちに2極化が進んでいる。

おじいちゃんチームと おじさん・お兄さんチーム

おじいちゃん・・・92、81、80歳と円熟したおじさんたち。
おじさん・お兄さん・・・アラウンド還暦のおじさんや 
            紙芝居に駆り出される若いむすびのサポーター。

30~90代まで 男の人生を凝縮したような図が
興味深くもあるキャスト。
むすびの紙芝居は ほっこりおじさんたちの という域を
出ようとしているのか。

先日 みんなでミカンを食べようとしていたら
仏前のロウソクがボオボオと燃えており
「浅田さんもミカン食べたかったのかな」と慌ててミカンを備える。
死んでもむすびにいるような気がしてならない 浅田さんと婦木さん。

長老のSnさんは 昼寝はするけど 夜更かしして 手品や
紙芝居で歌う歌を練習したりしているらしい。
最近 髪も増えてきて しかも黒くなってきている と
もっぱら評判だ。
by musubi-pro | 2011-10-18 19:42 | むすび日記

おじさんたち 

浅田さんが亡くなり
おじさんたち どうされていますか?と 心配していただくことが多い。

「わしも もうじきに死ぬわ」と気落ちして?休んでいる人もいれば
「浅田さんの遺した紙芝居を頑張ってやる!」という人もいれば
それどころではない人も
ちょっとだけ浅田さんを見習って エッグスに顔を多めに出す人も
いつも通りの人も いろいろである。

だけど誰の心にも 浅田さんを意識する心は消えない。
むすびを守り 育んだ お父さんのような存在がいなくなったのは
一同にとって とても心細いことだ。

だけどエッグスには いつの間にやら居ついた人や
心配してのぞいてくれる人が むすびの新たなステージへの成長を
予感させてくれる。

***************************

年末恒例の紙芝居ライブ 今年はのんびりめでたい気分でやりたくて
年明け 1/9(日)に天満の音太小屋で開催することになった。

共演は今回も ひきたまさん 古橋理絵さん 本町靱さん。

初笑いに ぜひみなさまお越しください。

詳細は後日お知らせします。
(おそらく去年とさほど変わらないはず 開演14:00~ 入場料1500円)
by musubi-pro | 2011-10-04 23:05 | むすび日記

秋晴れの下 紙芝居

出場4年目になる緑橋文化祭。
去年からアウトドアでの紙芝居になり
遠足気分で出かけている。

最近歳をとったせいか 体調が不安定なおじさんたち。
今日もしんどかったのか 出てこなかった仲間の変わりに
サポーターで同行した2人が急きょデビューを果たすことになった。

紙芝居もあまり練習と準備ができていなかったため
公演の最中に「村人」の役の人が誰もいないことが発覚!
Mmさんが 今日初めて「お母さん」の役をやっているRkさんに
「ごめん 村人やってくれる?」なんて
のんきなやりとりが行われ・・・

なんとか無事に終了したのだった。
e0035629_16274743.jpg

みんなの手拍子とKdさんのアコーディオンにのせて歌を歌い
会場のお客さんに花束までいただいて
ヤキモキしたのはなんだったのか。

終了後しばらく外に座って Niさんが買ってくれたフランクフルトを
みんなでかじっていた。
暑くも寒くもなくて 屋外にいるのがちょうどいい季節。
来年もみんなで来れるといいな。
by musubi-pro | 2011-10-01 22:21 | むすび日記


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動