紙芝居劇むすび



<   2012年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


Niさんの退院

手の骨折で入院していたNiさんが退院した。
1か月ちょっとの入院は80歳を超えたNiさんにとって
もどかしい時間だったにちがいない。

だけど ゆっくりゆっくり時間と感覚を取り戻すことが先決。
環境の変化に適応するのは
年々むずかしくなるのだと思う。

こんな時 仲間はいたっていつも通りにふるまう。
むやみに話しかけたり 元気づけるのではなく
隣にいても 何事もなかったように あえて距離をおいているように見える。

おじさんたちのコミュニケーションは
焦らず 追い詰めず 人をゆっくりと泳がせてくれる大きさがある。


長老は踊りの上手なHjさんに対抗して
独自の都都逸や手品を 今後の公演のために用意している。

おじさんたちの無言の時間もとっても大事で
久々にメンバーがそろったからといって
いつもと変わらない事務所が いっそう素敵な感じがした。
by musubi-pro | 2012-01-29 21:20 | むすび日記

公演決定!

当分紙芝居公演がなくて どうしよう・・・と思っていたら
依頼がぽつぽつ入り始めた。

ああ よかった。おじさんたちも張り合いができるというもの。

自分たちで紙芝居劇を探求するため 自主公演も決まった。
もう定期公演となっている堺のパン屋さん「松波」さんをお借りするので
みなさんティータイムがてら 遊びに来てください。

2012年3月20日(春分の日) 14:30~(14時までお店はランチ営業をやっています)

¥1500(小学生以下のこどもさん 障害者・介助者の方はそれぞれ¥1000)
飲み物(コーヒーやジュースなど)とおやつ付き!

会場:パンと喫茶 松波 阪堺線沿「宿院」と「寺地町」の間

演目:トモちゃんとカッポレくん 

昨年秋に扇町公園での紙芝居で試みた 三味線と民謡 踊り「まゆたま」とのコラボ。
いい感触だったのですが 前回はテント内でスペースに限りがあったり
ドタバタの中だったので もう一度共演してみたい との希望で実現。

生三味線と 生民謡の歌声 生踊り
「和」テイストのむすび いかがでしょう。
by musubi-pro | 2012-01-23 14:53 | むすび日記

エッグステージ

若手メンバーがエッグスを片付けてくれたので
部屋の半分をフリースペースにして
Rkさんが「これなら本番みたいに並んで練習できるよ」と提案

今までは「みんな揃わないからできない」と言っていた台本読みも
2人いればできる!と前向きに考えて
前より練習の回数が増えた。

名付けて エッグステージ!

午前中に練習をすると 
長老たちは安心して「ほな部屋に帰って寝るわ」となったり
調子づいて「今度は踊りの練習したい」となったり
リズムもつかみやすいみたい。

昼休みにはRkさんがゴザをひいて ピクニック状態になったり
お客さんが来たら椅子を並べることもできる。
変幻自在な空間で むすびのパワーアップをはかる。
e0035629_8443494.jpg

by musubi-pro | 2012-01-20 08:45 | むすび日記

新春ライブ!

天満にある音太小屋(ねたごや)でのライブは今回で4年目。
毎年恒例の企画は回を重ねるごとに重厚感を増す。

街頭紙芝居師の古橋理絵さんは 相変わらずお客さんの扱いが超一品で
会場がわっと湧き立つし
マンガーソングライターの本町靱さんは
どうしてこんなにおもしろいのかわからないし
シンガーソングライターのひきたまさんは 不思議な魅力と音楽で
会場をいつの間にか まったりとした元気に染めているし
素敵な共演者さんたち。
おじさんたちもほどよい緊張感に包まれる。

今回われらが長老Snさんが 一人の男として都都逸コーナーをもらい
歌を披露した。堂々とした歌いっぷり。圧巻!
e0035629_10284689.jpg

そして満員御礼・熱気に包まれた会場にむすびが登場する。
まっちゃんは「おぉ すげえ人!」と一瞬のけぞった。
Snさんは年季の入った女将の姿。
少女俳優Hjさんは久々に男性の役できりっとしているし
大型新人Rkさんは 見事に役にはまりきっていた。
ナレーションはToさん。さらりと全体をまとめる。

亡くなった浅田さんの脚本に 婦木さん手作りの小道具に
菊田さんが残した心とともに 久々の演目「鼻」が復活した。
むすびは今年で7年目を迎える。 引き継いでいくのは夢と希望。。
おじさんたちは会場の中に 馴染みの顔や 初めての顔を眺めながら
自分がこの世にしっかりと足を踏みしめていることを実感しただろう。
e0035629_10355463.jpg

今年も締めくくりは ひきたまさんの「極楽浄土」
約1年前に浅田さんと歌った歌を 今年いるみんなと歌えたことに感謝して。

寒い中ご来場くださったみなさま 共演者のみなさま 音太小屋さま
おかげさまであたたかい会場となり
幸先の良い1年のスタートがきれました。ありがとうございました。
by musubi-pro | 2012-01-09 20:20 | むすび日記

はたらく人たち

9日に公演が迫っているので
おじさんたちも気合を高めている。

浅田さんの遺した台本をみんなで直したやつを
Mmさんが手書きで新しい台本をつくり 印刷してきてくれた。
それを長老たちと助っ人Hnさんが折ってファイルに挟み
e0035629_13573284.jpg

Rkさんは新しい紙芝居の枠をつくってくれている。
「色はピンクにしようかな」と ペタペタ塗って
みんなが「おー いいのができたじゃん」と笑顔で見つめる。
e0035629_135747100.jpg

「あっ しまった!絵が入らない」
そうして慌てて枠を削ったりして

おっちゃんたちだけのこんな時間も
むすびの宝物。
by musubi-pro | 2012-01-05 22:52 | むすび日記

今年もスタート!

むすびの正月は住吉大社の初もうでで始まる。

Niさんは入院中だし Hjさんは風邪をひいたらいけないし
でも長老Snさんは「行きます!!」と一声。

今日は大阪でも雪がちらつくほど寒かった。
風も強かったから みんなは「じい」が心配で
車いすに座ったSnさんにひざ掛けをかけたり
防寒対策をする。

阪堺電車の駅までの長い階段もじいには辛いので
車いすごとみんなで持ち上げる。
「おじいちゃん神輿」が わっしょいわっしょいと揺れて
神になったようなSnさん。

むすびは現在 超高齢者が少なくなったので
人手が多いときはSnさんにみんなの注意が注がれて
Snさんしあわせ。

でも住吉大社の太鼓橋は「歩く」と自力で歩く。
落ちたらあかんので みんなが周りを固める。
e0035629_8362232.jpg

みんながおみくじを引き 病気の仲間にお守りを買っている中
Snさんはそっと東北の義援金に寄付していたらしく
アニキはやっぱり「カッコイイ!」と みんなの尊敬を受けた。


ちなみにアニキは午後から「Niさんのお見舞いに連れて行ってくれ!」と
寒さにも疲れにも負けずに言うので
助っ人のみんなが車いすを押してくれ付き合ってくれ
念願のお見舞いに行くことができた。
病院ではNiさんに「早う 帰ってこい!」とNiさんをじっと見つめて
Niさんは「そうか」と 元気そうなSnさんをうれしそうに見つめて
そんなふたりのやりとりが ほろりと素敵なのだった。
by musubi-pro | 2012-01-04 21:16 | むすび日記


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動