紙芝居劇むすび



<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


婦木さん命日

婦木さんが亡くなって3回目の命日。

時間が経って 新しく入ってきたメンバーは会ったこともないとか
だんだん知る人も少なくなってくるけれど
婦木さんの存在は色あせることもなく 今でも立派なメンバーだ。

「絵を3年間がんばって修行して いつか個展をしたい」
「ナレーションはむずかしい。もっともっと勉強せんと」

夢や希望もあったけど 74歳で逝ってしまった。
素朴で実直な性格がスタッフにも人気が高く
今日も仕事で駆けつけられないけど 偲ぶ・・・と連絡があった。

仲間として長くつきあったNiさん。
「今日はいるかと思って持ってきたけど 使わんかった」
と きれいにたたんだ白いハンカチをポケットに忍ばせていた。

かわいいおじさんたちの ささやかな関係。
ベタベタしなくても ちゃんと想っている。
そこがとっても素敵だ。

今日は僧侶の川浪さんがお経をあげてくださったので
婦木さんも喜んだに違いない。
e0035629_16541885.jpg

by musubi-pro | 2012-05-25 16:55 | むすび日記

保育園で 大興奮

近所のわかくさ保育園で紙芝居。

こどもたちにも「むすびのおっちゃんたち」と認知されており
おじさんたちにとって 楽しみな公演のひとつ。

今日の演目は桃太郎だった。
オニ役のRkさん(マッチョ系)が金棒をもって動いただけで
小さい子たちが「ビエー!!」と泣きだした。
(ここの保育園では節分の催しを熱心にされており
 「オニ」というものがコワイという認識ができているらしい)

桃太郎とオニの立ち回りのときも
怖がった幼児たちの泣き声が「エーン エーン!」と響き
会場は修羅場のようになった。

そしてオニがやっつけられる・・・
会場の先生たちやこどもたちから「パチパチ!」「ピー!」と
歓声が上がり 信じられないほど盛り上がった。

おじさんたちも興奮して舌はもつれるし
なにがなんだかわからなくても
こどもたちは桃太郎の話を楽しんでくれたようだし
お互いが熱気をもらうような感じ。

みんなが出し切って
おじさんたちも こどもたちも
今夜はよく眠れることだろう。

オニが怖くて泣いた子供たちを思い出して
「かわいいなぁ」と ニコニコしていたおじさんたちであった。
by musubi-pro | 2012-05-23 22:25 | むすび日記

リバティおおさかで

リバティおおさか(大阪人権博物館)での もう何回目かの公演。

以前は中庭でアウトドアの紙芝居をしていたが
暑さが以前より増したのか 暑さがこたえるほどみんな歳をとったのか
まあ時期もあるのだけど
昨年からロビー公演になった。

今日の演目は「桃太郎」で 最近足がむくんで痛いし 歩くのもつらいSnさんが
主役の桃太郎なので みんな心配していた。

目玉の「アメくばり」も「あぁ しんどいわぁ」と言いながらも
ひとりひとり 丁寧に会場を回り
あまりのしんどさに自分でも笑ってしまいながら 席に戻ってきた。
こうして体にムチを打って歩かねばならない状況がSnさんを歩かせているように見える。
Niさんも「もう引退したいんだけどねぇ。人数足らんし でも紙芝居やってるとおもしろいんですよ」と本音を語った。
e0035629_214499.jpg

82歳にして はじめてナレーションに挑んでいるHjさんといい
おじさんたちの挑戦は尽きない。


今日こんなドラマの舞台となった リバティおおさかが無くなろうとしている。
大阪市や府の補助金が打ち切られようとしているのだ。

思えば2006年の「釜ヶ崎フェスタ」で 他の出演者とともに
はじめて数百人規模の大舞台に立たせていただいて以来
2008年 2009年 2011年 2012年と 土曜サロンに呼んでいただいてきた。
ここで大事な人たちに出会い
数少ないオープンな公演として 紙芝居を上演してきた
その場所がなくなる というのは非常に残念だ。


リバティおおさかを応援する!というサイトがある。
パブリックコメントを5月29日まで受け付けているらしい。
by musubi-pro | 2012-05-19 21:20 | むすび日記

ケニアからお客さま★

ケニアのマゴソスクールという孤児や貧困のこどもたちの寺子屋で働く女性が
昨年末にむすびの紙芝居を見てくださり
ケニアの人たちにも ぜひ「むすびの紙芝居を見せたい!」と
今日 マゴソスクールの創設者リリアンさんと 先生のオギラさん
ケニア在住の日本人の方たちと立ち寄ってくれた。

むすびのカレンダーにはしばらく「5月13日 ケニアの人と交流」と
書かれていたが みんな何が起こるかわかっていなかった。

むすびの紙芝居を見せる。みなさん、熱心に見てくださっている。
ケニアチームの歌を聴く。

 前を向いて進もう。この体は神様からいただいたものだから
 大切にして生きます

そんな歌だとか とにかくリズムが良くて 力強い。
Hjさんがオギラさんにうながされて 一緒に踊った。

それから むすびのためにケニアチームが歌を歌いながら
フライパンを片手に カンパを集めてくれた。
「歌をもっと聞きたい?だったらご協力をよろしく!」と
笑いをとりながらも お金も集まっていく。
Niさんも「よしっ 俺も・・・」とお札をぴらり。
e0035629_21451470.jpg

集まったお金はむすびの運営に役立ててくださいという。
マゴソスクールもお金が必要なのでは・・・と言うと
「お金は回るもの。それに今マゴソスクールを支えてくれているお金も
おじさんたちが働いて日本を支え、そこから来たお金でもあるのですから」と
なんとも広く深く 愛に満ちた答えが返ってきた。

出会いによってむすびも世界とつながっていることを
教えてもらう。 深く感謝。

急ごしらえで作ったカレーライスをみんなで食べて
すっかり世界人になった おじさんたちであった。

共に歌い踊ったオギラさんとHjさんはすっかり兄弟のよう。
e0035629_2152052.jpg

by musubi-pro | 2012-05-13 21:56 | むすび日記

連休

おじさんたちの連休は むしろいつもより大人しい。

病院も閉まっているし
エッグスの前をのんびりと歩く街の住人たちも
おだやかな表情をしている。

先日は猛暑の中 おじさんたちは天王寺動物園に行った。
散歩がてら だったのだけど
ちょっと歩くとバテてしまって
ゾウとシロクマを見たあたりで
「暑い もう帰ろうか・・・」と
トボトボ引き返した。

おじさんたち同士で動物園。
お互いはぐれないように 倒れないように
自分自身に用心しながら
それでもNiさんは 途中はぐれてしまったけど
それも楽しい思い出。

Rkさんがみんなにバナナパフェをつくってくれる。

紙芝居の読み合わせを2回もする。

野菜たっぷり入れて ラーメンを作って食べると
Snさんが「うまい」と顔をほころばせること。

何もない風景が とってもしあわせ。
by musubi-pro | 2012-05-04 08:20 | むすび日記


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動