紙芝居劇むすび



<   2012年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


映画「むすび」を見逃された方に

山崎都世子監督の映画作品となった「むすび」。
先日奈良国際映画祭で産声をあげました。

ぜひ見たい!という声が多かったので

11月11日(日)14:00~ 
西成プラザ(JR新今宮東口 太子交差点すぐ 100均のFLETS隣接3F)
で上映会をすることになりました。

上映協力金 お一人 1000円 (小学生以下無料)

要申込み
※入場できる人数に制限があるため受付番号を発行することになりました。
メール→kamishibaigeki@yahoo.co.jp か FAX→06-6635-2699で
お申し込みの上受け付け番号を通知を受けてください。


奈良で見逃された方はぜひご覧ください。

当日は山崎監督が来られるので舞台挨拶を期待しつつ
むすびのおじさんもコメントをするかもしれませんね。

映画は音楽やテロップ ナレーションもないシンプルなドキュメンタリー。
涙と笑いと のんびり じーんの2時間です。
by musubi-pro | 2012-09-21 14:58 | むすび日記

ほなみプロジェクト 進展!

ほなみプロジェクト みなさんから応援の声やカンパをいただいて
10月26日~28日の2泊3日

むすびのおじさんたち5人が 宮城県大崎市にある
「ほなみクリニック」を訪問することが決まりました。

飛行機が初めてのおじさんもいる
血圧が安定しないおじさんがいる
体力が心配・・・
どんな珍道中になりますやら。

今回はクローズドのかたちにさせていただき
おじさんたちと ほなみ劇団のみなさんのふれあいオンリーの
旅にしようと思う。

ほなみ劇団のプロデューサー?大石さんのことば

 「結果よりも、想いを膨らませて実現するまでに
  本当の当事者の姿があります
  私達そばで応援しながら逆に元気をいただいていますものね」

すごく実感のこもったことばであり
重病の患者さんや つらい立場のご家族を見守ってきた
ほなみクリニックさんからも たくさん学べたらと思う。

できたら 行くまでにむすびも周囲の皆さんと
ふつふつとした期待を高めていきたい。
by musubi-pro | 2012-09-19 11:55 | むすび日記

浅田さん観てくれたかな

今日はむすびのリーダー 浅田さんの1周忌 命日だった。

川浪僧侶の読経がエッグスに響くのが心地よく
まどろんでいる浅田さんの遺影を眺めたり
それぞれに浅田さんとの時間を思い出したりして
いい時間だった。

その後はお茶をしながら雑談したが
わざと違う話題にそらすSmさん おじさんたちは特に言葉少なだったが
こうして亡くなった後でも続いている人の縁を見て
ありがたい気持ちだったのではなかろうか。
e0035629_2222631.jpg

午後から奈良国際映画祭へ。
山崎都世子監督の「むすび」が初上映される。

まさか自分たちがスクリーンに?
時折NiさんとHjさんを見ると 神妙な面持ちで
じっと画面に食い入っている。

仲間の言葉 自分の姿 支援者 お客さん
亡くなった仲間も映っている。
今はメンバーでない仲間も映っている。

喜びも悲しみも分かち合える 当たり前の日常が
本当に尊いものだと思えるのは
失うことも経験したからかもしれない。

自分たちの日常の記録。
見られた方はどう思ったのか 気になる。
by musubi-pro | 2012-09-17 22:09 | むすび日記

Snさん93歳に

むすびの長老Snさんの誕生日はとても充実していた。

午前中は大学生の釜ヶ崎見学の中での紙芝居。
紙芝居の後も自慢の喉を披露し
夢を語り(あちこちで歌を歌いたい、と)

そして終了後には学生さんたちからバースデーケーキのプレゼントが。
遠方のサポーターからも菓子折りが届き
感激で目を潤ませる場面もあった。

ランチは「手巻き寿司」。メンバーやスタッフが準備をしてくれて
手作り 団欒のパーティーとなった。
「うまいわ」と ごはん少なめ ネタ多めで
着実に腹に放り込んでいくSnさんの姿を見て
「やっぱ 長生きする人は食べっぷりが違うなぁ」と
夏バテ気味の一同も感心する。
e0035629_17354047.jpg

しかし さすがのSnさんも夏日の連続で血圧が安定していない。
そこそこの時間で「すまんな。みんな、今日はありがとう!」と部屋に引き上げていった。

あと7年で100歳。
元気で長生きしてほしい というのは みんなの思いである。
by musubi-pro | 2012-09-11 17:31 | むすび日記

むすび 映画に

昨年、「むすび」のドキュメンタリーが3分11秒の短編映像プロジェクト
3.11 A Sense of Home Films
東日本大震災に寄せて、
世界中のさまざまな作家(総勢21名)が紡ぐ作品の一部になったのを
ご記憶の方もいらっしゃると思いますが

今秋、その3分11秒の映像が、111分のドキュメンタリー映画として
なら国際映画祭で披露されます。

9/17(月・祝)15時~
ならまちセンターにて上映されますので、
ご都合が宜しければ是非見に来て下さい♪

監督の山崎都世子さんからのメッセージ

「日常の何気ない幸せをじんわりと感じることのできる映画で
本当、おじいちゃん達の言動が面白く、ときに切なく、ステキです。」

くわしい情報はこちらまで↓
http://www.nara-iff.jp/films/special-invitation/musubi.php
by musubi-pro | 2012-09-08 19:47 | お知らせ


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動