紙芝居劇むすび



<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


今年も無事に

年末は恒例で大掃除をして 年越し蕎麦をみんなで食べて 終了。

あたたかい日差しも応援してくれて
おじさんたちも掃除に精を出したり
応援をしてくれてた。

「若い人がいっぱいくるから 掃除もはかどるのぉ」と
むすびを見守る隣のおっちゃん(通称・おやぶん)が
水汲みに フィルター洗いにと 行き来する助っ人達を眺める。

今年は誰も逝かなかった。
昨年はこの時期Niさんが入院して
みんなの心配は尋常ではなかった。
こうして 一緒に蕎麦をすすれるのは
不思議なご縁だと思う。

みんなにスピーチを促されたNiさん。
「去年入院したとき みんながお見舞いに来てくれて
ほんとうにうれしかったです。
また来年皆さんの元気な顔を見るのを心待ちにしています」と
丁寧に語った。

聞いていたHjさんも目をキラキラさせた。

93歳Snさんは 昨日病院であちこち検査してもらったが
腰痛以外はとくに問題もなかったようで
「咳も例年のようにひどくないし 血圧も安定しとる!」と
頼もしいお言葉。

みんなに愛されて爺たちは 宝のように輝いている。


みなさま今年もお世話になりました。
至らぬ点もたくさんありますが
どうぞ引き続き 応援してください。
e0035629_10345095.jpg

by musubi-pro | 2012-12-30 10:32 | むすび日記

クリスマス会

あったかい粕汁と芋ご飯 素朴なメニューでクリスマス会。
湯気が部屋に充満して しあわせなひとときが流れる。

爺たちは 料理も手慣れてきて
「あぶない!手を切る!!」と 周囲をヒヤヒヤさせながらも
大きく小さく具を刻み
煮込みと味付けは若者チームが担い
いいチームワークで料理は完成。
e0035629_10524743.jpg

Yさんが お知り合いのパン職人さんが手づくりしたかわいいケーキを届けてくれた。
一同 「かわいい!!」
e0035629_10563860.jpg

たくさんの料理やケーキを目の前にすると
自分たちだけじゃ もったいない という気持ちになる。

寒いので出かけるに出かけられないで隣の福祉アパートのロビーに集っていた
名前は知らないけど顔は知っている というおじさんたちに声をかける。
何人かは 「借りをつくるとあとが大変だわい」といった風情で
丁重に誘いを断ったが
3人のおじさんたちが うれしはずかしとエッグスに入ってきた。

ちょっとずつ打ち解けながら話をしたり 喉を自慢する人がいたり
恒例の持ち寄りビンゴでは Niさんの運の悪さに笑ってしまったり
欲を出したSnさんの執念(豪華景品をゲット)に恐れ入ったり
今年も大笑いで暮れていくむすびであった。
e0035629_117617.jpg

最近体調を崩し気味だったHjさんも
食欲がでてきて よかったよかった。
e0035629_1112462.jpg

by musubi-pro | 2012-12-23 18:48 | むすび日記

自称 おじいちゃん

中学生の男の子との交流がゆるやかに行われている。

今日はむすび新聞にお手紙を添えて 出すことにする。

Snさん 『むすび新聞を送ります。皆さんでご覧ください』

 「しんぶんって どんな漢字やったかな」と字を確認しながら
先輩の面目を保つため きちんとした文章を心がけたようだ。

Niさん『元気で来てくれて おじいちゃんはうれしいです。Niのおっちゃんより』

血のつながりはなくとも 愛情の深さを感じる。
Snさんも 「Niのおっちゃんは 文章がうまいのう」と
ひやかしながらも ニコニコとうれしそう。

世代を超えた友情というか 孫みたいな存在は
おじさんたちをなんともいえない幸せな気分にする。
by musubi-pro | 2012-12-11 20:44 | むすび日記

Ktさん 1周忌

昨年の12月9日に亡くなったKtさんの1周忌法要を行った。

Ktさんはむすびでは2,3年。短いお付き合いだったが
たくさん思い出を残してくれた 印象深いメンバーだ。

感情豊かなナレーションや やさしい語り口
こどもが大好きで 心からの笑顔が本当にすてきだった。

川浪僧侶にお経をあげていただいて
こじんまりと故人を偲ぶ。

仕事を思い出して 花見にロールパンのサンドイッチをつくってくれた思い出
初詣の住吉大社で 太鼓橋から一回転するかの勢いで転げ落ちたこと
あるサポーターの赤ちゃんと ラブラブだったおやつタイムは映画にも映っていたし
キャラメルコーンが好きだったこと
おいしいもの 楽しいことがあると「私 こんなの生まれて初めてです!」と
目をキラキラさせていたこと。
亡くなっても心の中で生き生きと存在し続ける 仲間たち。

今日は立ち寄ってくださった方がミカンやお菓子を差し入れてくださり
三重県から自家製の有機栽培のサツマイモ
宮城の穂波の郷クリニックさんからリンゴが届き

同じくほなみさんにいただいた米と土鍋で「イモごはん」を炊き
スーパー玉出の大根で大根炊きをして
冬には最高の あたたかい昼食をいただいた。 

あちこちからの贈り物にお腹も満たされ 心も満たされ
寒さもふっとぶ。みなさん 本当にありがとうございます。
e0035629_20162765.jpg

by musubi-pro | 2012-12-11 20:31 | むすび日記

むすびの宮城旅行の映像 in 萩ノ茶屋文化祭12/8

むすびのおじさんたちが どんな表情で飛行機に乗って
宮城の被災地を訪れ ほなみ劇団と交流してきたのか。

なんと 映像で見られます!

15分のショートムービー 「小菊さんに会いたい むすびの旅in宮城」
現地での撮影はマネージャーですが
編集・一部撮影は映画「むすび」の山崎都世子監督。

釜ヶ崎で行われる「萩ノ茶屋文化祭」で
上映します。

文化祭は12月7日 8日 と開催されます。
ステージや展示など おっちゃんアーティストたちの豊かな世界。
むすびは8日の12:30ごろから 
映像の上映とおじさんたちの一言コメントを発表します。

場所は西成市民館です。
by musubi-pro | 2012-12-06 20:58 | お知らせ


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動