紙芝居劇むすび



<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


長老がんばれ!

89歳からむすびに入団し
デイサービスに行くのをやめ 毎日のようにむすびに通い
歌のレパートリーを次々増やし
この5年近く 紙芝居はほぼ皆勤賞の佐野さんが
現在入院している。

93歳 持病の腎臓の病気が悪化して
苦しいだろう病床で
「わしは むすびに命をかけとるんじゃ。無くさんといてくれよ」
「むすびのおかげで いっぱい人とも知り合えた。
また新しいところへ紙芝居に行きたいんじゃ」
と 希望を燃やし続けている。

体調が安定するまでには長い道のりで
病院で辛抱する日々が続くと思われる。
むすびで待っている 同じく高齢の仲間たちも寂しくなっている。

どうぞみなさん佐野さんの回復を祈るとともに
他のおじさんたちが元気を出せるように
応援してください。
佐野さんは当面参加できないけど 紙芝居も見にきてください。

みんなで心を合わせて さいごまでおじさんたちが
愛されていることを実感できますように。
e0035629_11334356.jpg

by musubi-pro | 2013-02-23 11:32 | むすび日記

5月に宮城へ再び!ご協力をお願いします

昨年 宮城県の「ほなみ劇団」と衝撃的に出会ったむすび。

みんなでわいわいと楽しかった記憶。
90歳の小菊さんとむすび93歳佐野さんの熱い友情。
「元気かな~」と誰かを思えるしあわせ。

遠距離恋愛って いまどき ですが
遠いから思うしかなく 会えないから想像するしかなく
また会えるよう祈るしかない関係。

高齢のむすびのおじさんたちも 日頃は自分のことで精いっぱい
だけど 向こうで頑張っている仲間たちのことを思い出すと
「自分も負けていられない」と思う。
「あの人たちは 欲とかそんなんでオレたちに良くしてくれるわけではないのが
顔を見ていたら本当によくわかった」

おじさんたちが元気なうちに
また「ほなみ劇団」に会いたい。
宮城の被災地で出会った人たちにもまた会いたい。

わたしたちはとりあえず日程を5月24~26日と決めました。
日程のどこかで 石巻の「がんばろう 石巻」看板前の広場で「ほなみ劇団」と共演し 紙芝居を披露したいと思います。
この広場はこの場所でお店をされていた黒沢健一さんが震災から立ち上がる元気を地域に広げ 発信するためにこつこつと仲間を増やされたりしながら紡いでいる場所です。
→ ホームページ

みなさま むすびや「ほなみ劇団」が生まれた「穂波の郷クリニック」のほのぼのとした心や 澄んだ笑顔のあふれる場所の交流をぜひ応援してください。たくさんの方に知っていただきたいし 多くの方を励ませるプロジェクトだと思います。

春には「ほなみ&むすび恋愛Tシャツ」も販売予定です。
売り上げやカンパは「むすび」が宮城に行く移動費になりますし
「ほなみ劇団」を大阪にいつか呼びたいという夢もあります。

なるべく一般の方々の思いを形にしていきたいと思っています。
ご協力をよろしくお願いいたします。

■郵便振替 「紙芝居劇むすび」00990-2-322322
他行からの振込の場合(099店 当座0322322)
※「ほなみプロジェクト」とご明記ください
e0035629_9382053.jpg

by musubi-pro | 2013-02-09 10:04 | ほなみとむすびの遠距離恋愛プロ


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動