紙芝居劇むすび



<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


もうすぐ ほなみ劇団に会える

今週末になりました。

宮城から7人(とあと一人は遅れて)やって来られる。

序章のように すでにいろいろ起こっている。

当日の参加メンバーが変わるかもしれない。

だけど 宮城と西成で ちょっとずつ活気づき
会える日を楽しみに ドキドキわくわく
テンションが上がっているのはたしか。

当然ながら ほなみとむすびの逢瀬は
自腹で飛行機代を出し
高齢のメンバーを気遣いながらの旅となる。
本気でないとできない。
そしてカンパ等で応援してくださる人たちがいる。
みんなの大事な輪なのだと思う。

合同公演
11月3日(日) 13:30開場 14:00開演 16:00頃終了

参加費:500円(70歳以上・高校生以下・障害者&介助者の方 無料)

会場: 一心寺 南会所 (〒543-0062 大阪市天王寺区逢阪2丁目8-69)
  ※一心寺の門の外 お寺の敷地の外・東側(天王寺公演寄りです)

・むすびの紙芝居劇を「ほなみ劇団」さんと合同バージョンで上演。
・他に出演は ずっとほなみクリニックに足を運ばれている古橋理絵さん(街頭紙芝居師)。
・ほなみ劇団紹介をします
・宮城VS大阪の 80歳以上のメンバーによる 長老サミット

宮城からお客様に 何かおみやげがあるかもしれない という情報が入っています
by musubi-pro | 2013-10-28 08:59 | むすび日記

高齢者の施設 その1

はじめての高齢者施設で。

圧倒的に女性が多い。なんだかお目が高そうなお客様の軍団に
まだ慣れない新人さんが ちょっとアガリ気味。

反応が出てくるまでは 演じる側もどきどきしてしまう。

本所さんが踊りだしたあたりから 「上手やね」「うまいわぁ」と声が聞こえるようになり
みなさんが一生懸命 見てくださっている様子が伝わる。
キャラ俳優の西尾さんが とぼけたタヌキ踊りをすると
若い職員さんが大笑いしている。

本所さんはノリノリで ある場面では 思わず立ち上がって熱演。
パラパラと拍手が起きる。

元気をもらい もらわれる これが高齢者同士の醍醐味。

どうも圧迫感を感じると思っていたら こんなに囲まれていた!
e0035629_7571728.jpg

「今日はしんどかった」ともらし 最前列の女性に「人前でそんなこと言うもんじゃないよ」と
お叱り?をいただいた中井さんも 「よかったよ」と慰めてくれる人もあり
なかなか 鍛えられる現場であった。
e0035629_893987.jpg

【写真提供:友岡雅弥】
by musubi-pro | 2013-10-23 21:53 | むすび日記

お久しぶりです 栗東

何年か前に数度呼んでいただいた滋賀県栗東市の
「大宝西ふれあい解放文化祭」に
今年また呼んでいただいた。

なんと今日は地元のみなさんとの合同劇という新しい取り組みに挑んだ。
(とはいっても おじさんたちは いつものように紙芝居をした)
栗東のみなさんによる「カッパのパン屋さん」という劇の
劇中劇みたいなかんじで むすびの紙芝居が入る。

出演待ちの間 紅白幕の前で「共演者」たちの劇を見るおじさんたち。
みんなうまい!地元のみなさんの熱演はすごかった。
おじさんたち驚愕しながら 舞台にくぎ付け!
新人さんが駆け寄ってくる。
「みなさん 台本見てないわ。セリフが頭の中に入ってるわ!」
本所さんは劇の中で自分と同じ「トモちゃん」を演じる女性を凝視。
わしら、やばいかも…負けてるかも…という空気。
e0035629_1952462.jpg

今日は緊張のためか 朝から調子の悪かった中井さんも
これでスイッチが入ったのか
みんなの心配をよそに 自分の役をなんとかやり遂げた。
本所さんも ダントツのダンスを見せてくれた。
新人さんたちも 奮闘!
なんとかメンツを保った(?)むすびであった。

紙芝居の途中に 客席の後ろから回ってくる土嚢をお客さんたちと積むという
サプライズの演出も おじさんたちびっくり!楽しんでいた。
e0035629_20779.jpg

最後はみんなで歌う「ぼくらはみんな生きている」のステージの
真ん中に据えていただいて
あたたかさの中で 心配だらけだった舞台の幕がおりた。
e0035629_208268.jpg

うどんをごちそうになったり 地元のみなさんと触れ合えて
楽しかった秋の日。劇の演出など いろいろ勉強にもなった。
栗東のみなさん ありがとうございました~
by musubi-pro | 2013-10-19 22:46 | むすび日記

緑橋文化祭

若手の人が増えましたね といわれる最近のむすびである。

遠巻きだった60代が じわじわと核心へ。
中井さんは「体がつらくて休みたいけど 責任あるからな」と踏ん張り
本所さんは本所さんで 「がんばりまっす!」とイケイケで
80代の先輩方が淡々と挑む中
若手たちはチームワークで奮闘している。

「まーくん」と同世代の仲間に呼ばれる西尾さんは
ほぼ同期の吉岡さんに着付けを手伝ってもらい
今日は緑橋文化祭の屋外ステージで
いつもより声を張って 成長を見せる。

そんな「まーくん」が心配でついて来た同じアパートに住む男性。
まるで子供の発表会に来たお父さんのように
顔をほころばせながら 写真を撮っていた。

誰かがステージに立つ。応援する誰かも密かに一緒にがんばっていて
それが むすびの強み。

こどもも大人もいて 爽やかな秋晴れの下
いつもながらに楽しかった 緑橋文化祭だった。
e0035629_11195467.jpg

by musubi-pro | 2013-10-13 22:18 | むすび日記

おでかけ

日曜日。いつもはめいめいに過ごすのだけど
今日はみんなでお出かけすることにした。

電車賃も 昼食代も自腹やでー と声をかけたら
全員集合。

行先は堺の「パンと喫茶 松波」さん。
ここでもう数年 毎年紙芝居をしているので
今となっては 思い出のつまったホームみたいな場所。 
こうしてちょっとお出かけしたいときに
チンチン電車に揺られて30分。 ほどよい距離のプチトリップである。

それに お店のお母さんがいつも心配してくれているので
元気な顔を見せたい 新人さんも紹介したい
そんな場所でもある。

歩みの遅くなった先輩に 新人さんがそっと寄り添う。
明るい話題を語りかけながら 一緒に歩いている。
西成もいいけど「たまには外に出んとなぁ」と話をして
カフェのランチをわいわいと楽しむ。

毎日和気あいあいとはいかなくても
たまにはこんな息抜きも必要。
しかし 秋なのに倒れそうなくらい暑い日だった。
by musubi-pro | 2013-10-06 20:14 | むすび日記

散髪

歳をとると 散髪に行くのが億劫になるのだろうか。
80代爺ちゃんふたりの長髪が気になってきていた。

「切ってやろうか」と若手の吉岡さん。
それならと倉庫をゴソゴソして探したら
昔Sさんが佐野さんを散髪してくれた
バリカンが出てきた。「歴史やの~」

まず本所さんが さっぱり。
「若返った!」とみんなから大評判。
e0035629_18584031.jpg
西尾さんも「耳の上にちょっとかかるのが気になる」と椅子にすわる。
e0035629_1859328.jpg
さいごに中井さんが「じゃあ 俺もやってもらおうか」と出て来て(写真を撮り忘れたけど)
むさかったおじさんたちが 少しさっぱりして気持ちよくなった。

なんともゆるやかな時間が流れた午後だった。
by musubi-pro | 2013-10-03 19:10 | むすび日記


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動