紙芝居劇むすび



女子会 in むすび

最近むすびもおじさんたちだけのものではなくなってきて
女性の参加も見られるようになってきた。

お手伝いにこられている80歳のNさんをはじめ
いつの間にか紙芝居もレギュラー出演している現役看護師さんのWさん
ちょこちょこと時間を共にしてくださるご近所の母娘。

今日はWさんが持ってきてくださった銀河のような羊羹で
お抹茶を点てて
女性3人でおしゃべり。

深く関わってくださる人が増えるのもありがたいことだし
男性が数で圧倒的なこの釜ヶ崎で 女性が居やすい場所になれるのも
いいことだと思う。

むすびの10周年本も着々と(?)進行中。
いろいろあったことを振り返るいい機会となる。
遺影のおっちゃんたちも、うれしそう。
e0035629_102408.jpg

# by musubi-pro | 2015-06-04 19:59 | むすび日記

6/7リバティおおさかでケニア交流イベント!

ケニアVSニシナリのおっちゃん のほほんトークライブ
~マゴソスクールと紙芝居劇むすび with ケニア人ダンサー・オモシ~

6月7日(日)13:00−15:00

3年目のリバティおおさかでのイベントです。今年は大阪在住のケニア人ダンサー、オモシさんが参加して若返ったむすびのおっちゃんたちと交流します。
ケニアのキベラスラムでこどもたちの家&学校を主宰する早川千晶さんのトークや歌、ドゥルマ民族の太鼓を継承する大西マサヤさんの演奏、むすびの紙芝居(新作を初めて大阪で発表します)で不思議に一体感(のはず)!

参加費はカンパ制です。ケニアのマゴソスクールのこどもたちに持って帰っていただくカンパ、いつも温かい交流の場となってきたリバティおおさかへのカンパ、補助金等に頼らず、みんなで支えるむすびなど、皆さまよろしくお願いいたします☆


場所:大阪人権博物館(リバティおおさか)中庭※雨天はロビーで行います

とにかく、出会ってください。
世界のどこかでゴミを拾って暮らしているこどもたち。
大阪の片隅で、ひとり暮らししながら孤独と向き合っているおじさんたち。
恵まれているはずなのに、なにか満足していないわたしたち。
# by musubi-pro | 2015-05-27 17:41 | お知らせ

むすびin宮城 2015春-後編2(完)

4/27
最終日。今日は穂波の郷クリニックのがんサロン定例会にて、
むすびの新作を初披露する。

それぞれ到着後、さっそく読み合せをする。
今度はむすびの紙芝居にほなみ劇団の新田さんと小菊さんが参加する。
e0035629_22302649.jpg

新作「孝太と亀吉」には、新田さんがモデルの不思議な「おじいさん」が登場する。
ヨシオカさんが大事に手で持ってきた手づくりの帽子がとってもお似合い。
e0035629_22323841.jpg

小菊さんは主人公「孝太」の妹「さくら」を演じる。
自分の読むところをちゃんと確認してくれている。
e0035629_22351416.jpg

サロンのお客さんと、この4日間を過ごしたスタッフの皆さん方に見守られて
新作「孝太と亀吉」はようやく命を吹き込まれて、歩き始めた。
ほなみ劇団のみなさんと、この日が迎えられて本当にうれしかった。

挿入歌はひきたまさんとひと花センターさんがご協力くださって
おじさんたちがつくった「孝太といっしょ」。
すでにみんな大好きになった歌。ずっと残っていく歌だと思う。
e0035629_22501979.jpg

そして、みんなで昼食。心を尽くして準備してくださったごちそう。
これがほなみ劇団の元気の源。まゆみさん、ありがとう。
スタッフもお客さんも役者も、みんな一緒にとる食事には
本当に人をつなぐ力をもっている。
e0035629_22585420.jpg

帰る時間がきた。
新田さんは「今年はなんとか生きていますから、一緒に10周年を祝いましょう」と再会を約束してくれた。
また会いたい!ほなみ劇団と別れる時は、いつも痛烈にそう思う。
e0035629_2314167.jpg

あちこちで、「この遠征の費用はどこから出ているの?」と聞かれる。

たくさんの方からのカンパ、おじさんたちの積立、紙芝居公演料からの補てん。
そして、むすびから空港まで送ってくださった人など
見えない部分で力になってくださった方がたくさんいた。

数え切れないみなさんの助けで成り立っている遠距離恋愛。
それゆえに本当に愛おしく尊い時間だった。

(むすびin宮城2014春  完)

それぞれの方にきちんとお礼もお伝えできていませんが
関わってくださった皆さまに心より感謝申し上げます。
# by musubi-pro | 2015-04-29 23:10 | ほなみとむすびの遠距離恋愛プロ

むすびin宮城 2015春-後編1

4/26
今回宿泊は2泊ほど穂波の里クリニックの新しい建物「コミュニティケアハウス はるか未来館」に泊めていただいた。朝は自分たちでプチ自炊。ほなみ劇団の大石さんや居合わせた学生さんと優雅な朝食をとる。
e0035629_22485322.jpg

優雅な朝の散歩。
e0035629_22545729.jpg

そして、車で小一時間ほどのところにある鳴子温泉に到着すると
ドタバタがはじまる。
e0035629_2257669.jpg

新田さんもときおり肩で息をしながらも、静かにテンションを高めていく。
e0035629_22581281.jpg

今日は飯舘村から避難生活をしている方が50人ほど来られるらしい。
真剣なリハーサルを経て、いざ本番。
e0035629_2311048.jpg

ほなみ劇団の劇は、朗読に続いて、登場人物たちが飛び出してきて話の「その後」を演じる。
役者たちは最高のことばをアドリブで引き出し、客席のみなさんに語りかける。
むすびの黄門様ご一行も、変な間をつくりはしたが、場を盛り上げられたようである。
e0035629_23321.jpg

大阪からの友人や、そしてむすびのメンバーで、今は福島県で仕事をしている
オオツカさんが駆けつけてくれた。みんなうれしい再会!
e0035629_237328.jpg

飯舘村のみなさんとの交流会。
むすびの活動する地域にもさまざまな事情で故郷に帰れない人が多く
おじさんたち自身も知っている寂しさや孤独。
くわしく言わなくても、なんとなくわかってるよね、という近い空気。
e0035629_2310569.jpg

それぞれの避難所に帰る飯舘村の方たちを見送る。
合同劇を見て泣いてくださった方や、逆にあたたかい声援をくださった方
素敵な笑顔を見せてくださった方。
こうして宮城に来て出会い、また別れるけれど、心に残るだろう人たち。

主催のネパリバザーロさんはネパールの支援をしながら、震災後はこうして
被災地の方々にもリフレッシュの場を提供してきた。
ネパールで地震があったと聞いて、会場の一同、心をいため
ネパリバザーロさんにカンパなど託した。
e0035629_2322124.jpg

この日はむすびは鳴子温泉で泊まることにした。
疲れたであろうおじさんたちの部屋からは
遅くまでわいわいと話す声が聞こえてきていた。  (続く)
# by musubi-pro | 2015-04-28 23:42 | ほなみとむすびの遠距離恋愛プロ

むすびin宮城 2015春-前編

今年も遠距離恋愛中のほなみ劇団に会いに
4/24-27の日程で宮城に行ってきた。

目的は主に3つ。
①ほなみ劇団の俳優、新田さんが毎年見せてくれる真っ赤なチューリップの庭でチューリップ祭りに参加する

②横浜のネパリバザーロさん(ネパールの商品をフェアトレード)が、2011年の震災後、避難生活を送られているみなさんを日帰り温泉ツアーに招待するプロジェクト。ほなみ劇団に来た出し物への依頼に、むすびも参加させてもらう

③がんサロン定例会で、ほなみ劇団と合同で新作「孝太と亀吉」を初上演する

4/24 
初の飛行機体験となるスガさんが「雲を下に見て、気持ちが高ぶった」と最初から感激モードで旅ははじまった。
e0035629_23532195.jpg

穂波の郷クリニックに行く前に、立ち寄ったのは「がんばろう石巻」の広場。
2年前、先代のおじいちゃんたちが紙芝居公演を行った場所。
震災後4年も経ったのに、広場のまわりはまだ野原。
トラックがあっちにこっちに動いてはいたけれど
ここで暮らしを営んできた人たちがうかばれないなぁ。
e0035629_2356621.jpg

佐野のじいちゃんが自身の死にかけた経験を語ったり
鯉のぼりがはためく中、涙が出た紙芝居公演のこと
ここで出会ったおっちゃんのこと。
こうして帰って来れる場所があると、思い出もまたよみがえる。
e0035629_23573574.jpg

その広場をつくった黒澤さんのところでトイレを借りるべく立ち寄る。
話題が出たついでに、震災の年、がんばろう広場で芽生えた「ど根性ひまわり」の
種の袋詰め作業を手伝わせていただいた。今年で5代目。
たくましく吹き返してくる生命を日本各地で育て、思いとともに広げている。
e0035629_0122694.jpg

ほなみクリニックに到着すると、ほぼ伝統行事となった「餃子包み」。
作業を通じて、初めてのスガさんも、スタッフさんたちも打ち解けていく。
e0035629_062179.jpg

みんなでそれを焼きながらいただく。自己紹介をしたり、ゆるゆると
時間が過ぎる。
e0035629_0102169.jpg

4/25
翌朝、クリニックが最近はじめた事業「農尊キャンパス」なるもので、
急遽ネギの植え付けを体験することになった。
学長さんは、クリニックの患者さんでもある國男さん。
重い病とは思えない生き生きした目にびっくりする。
e0035629_0222772.jpg

ここでとれた野菜はクリニックの行事に使われたりするらしい。
学長・國男さんの熱心なご指導に、一同とにかくついていく。
同行した小菊さんも農家の嫁として苦労した経験や、農作業の極意を語ってくれた。
e0035629_029676.jpg
そして。今年も待ってくれていました。真っ赤なチューリップたち。
今年は暖かかったのでもはや散っているかと思いきや
最高のタイミングで花を開いてくれていた。
新田さんががんの余命を宣告されて、それを過ぎて1年以上が経つ。
こうして会えること、すべてのことは奇跡のように起こっている。
e0035629_0393263.jpg

大阪と宮城の面々、のどを競い合い、芸の披露あり、春をよろこぶ宴。
大阪から駆けつけてきた古橋理絵さんが圧倒的な迫力で場を盛り上げてくださった。
e0035629_0403733.jpg

さて、宴を撤収すると翌日に向けて打ち合わせとリハーサルに移る。
まずは衣装選び。
明日の飯舘村の人たちに見ていただくほなみ劇団の劇「花咲かじいさん」に、
むすびはなんと水戸黄門ご一行ということで特別出演することになった。
みんなでああだこうだ言いながら、すばらしい黄門様、助さん格さん、うっかり八兵衛の出来上がり!
e0035629_0433772.jpg

衣装をつけて気持ちの盛り上がったところで、本番さながらのリハーサルがはじまる。
こわいのは絵本の朗読の後の「飛び出る絵本」の部分で、簡単なあらすじに沿って
役者がアドリブを駆使して、絵本の「その後」を演じる。毎回セリフは変わる。
みんなで微調整を繰り返しながら、それぞれが役になりきって気持ちを込めていく。
e0035629_0503570.jpg

91歳小菊さん、会うたびにかわいくなっている!とおじさんたちも言うほど
光り輝いていた。
e0035629_0594014.jpg


(続く)
# by musubi-pro | 2015-04-28 01:06 | ほなみとむすびの遠距離恋愛プロ

10年を記憶して記録するためのカンパ

むすびのストーリー、先輩方の姿、むすびの10年と未来をつなぐため、編集会議を重ねています。自費でつくる冊子のため、予約を兼ねたサポーターを募集中です。

10周年応援サポーター(一口 ¥5000)
《記念冊子・オリジナルTシャツ作成・10周年記念公演
などに充てさせていただきます》
特典:記念冊子1冊プレゼント(カラー・B5、P80位・10月頃発送予定)

※むすび新聞とともに配布している黄色いチラシの
振込先が間違っています(;▽;) 以下をご参照ください


郵便振替 「紙芝居劇むすび」00990-2-322322
     (他行からの振込 099店 当座0322322)     
      ※『10周年』とお名前ご住所をご明記ください

お名前を冊子に記載させていただくかもしれないので拒否される方や
ペンネームを使われる方はご一報ください!


有志により、編集会議を重ねています。秋には、年内には間に合うように!
e0035629_23575735.jpg

# by musubi-pro | 2015-04-11 23:58 | お知らせ

今年も宮城に行きます

4/24~27 宮城行きが決定した。

闘病中、84歳の新田さんのお宅に咲くチューリップのおまつり
東鳴子温泉で福島から避難されているみなさんとの交流(ほなみ劇団さんの公演に乗っかります)
大崎市で新作紙芝居の発表?

新田さんは数年前に看取った奥様が生前大事に育て みんなに見せるのを楽しみにしていた
チューリップを引き継いで 昨年もチューリップまつりを開いた。
むすびのおじさんたちと新田さんの 夢のような春の一日だった。
e0035629_2043551.jpg

ほなみ劇団と遠距離恋愛をはじめたのは、むすびの先代のおじいちゃんたちで
新しいメンバーたちがそれをまた引き継いでいる。
人はいなくなっても 後の人の心に宿るらしい。
先輩方の思いも一緒に 宮城へ。
e0035629_2073045.jpg

《カンパのお願い》
  
この交流は双方自腹で行っています。
おっちゃんたちの積立、紙芝居の公演料、皆様からのカンパを大事に貯めてきたものを使わせていただきます。


※振替用紙に「ほなみむすびプロジェクト」とご明記ください。
郵便振替 「紙芝居劇むすび」00990-2-322322
他行からの振込の場合(099店 当座0322322)
# by musubi-pro | 2015-03-16 20:11 | ほなみとむすびの遠距離恋愛プロ

今週末です

今週日曜日、尼崎で紙芝居をします。演目は「鼻」

3/ 1(日) 11:00~ 杭瀬銀座商店街 1番街 
(阪神杭瀬駅北へマクドナルドの角を左へ、直進 お菓子のよしや付近)
https://goo.gl/maps/jktuZ


そして詳細未定ですが 6/7(日)リバティおおさか ケニアイベント(詳細未定)開催予定!
お楽しみに。
# by musubi-pro | 2015-02-28 11:49 | お知らせ

ほなみ劇団が大阪に

おっちゃんたちのホームむすびと
宮城の緩和ケアクリニック生まれのほなみ劇団 互いに10年目を迎える。
福岡に講演に行っていたほなみ劇団が大阪に寄ることになった。
遠距離恋愛も3年目。

福岡で84歳の新田さんが体調を崩したと連絡があった。
宮城に帰るのか 大阪に来るのか どんな状態で どんな体制で迎えたらいいのか
いろんなことを想定しながら いろんな人に連絡をして
到着を待つ。

飛行機はリスクが大きいと判断されて 新田さんと主治医の三浦先生が
急遽新幹線で来ることになったけれど
大阪でボランティアの方が車2台で待機してくださって
とても助かった。

翌朝 ホテル中央のロビーにむすびのおじさんたちも集合。
新世界をぶらぶらと。
90代の小菊さん 60代のおっちゃんたち。親子のように
連れ立って歩く姿がほほえましい。
e0035629_23104445.jpg

ほなみ劇団女性陣は通天閣へ。
e0035629_2312541.jpg

部屋の奥では完成間近の新作紙芝居の台本が
ほなみ劇団のみなさんに朗読され
こちらでは宮城から空輸された食材で豚汁がつくられていたり
こどもたちの泣き声や 朗読の声や 料理の音でにぎやか!

最初はしんどくて、じっと黙っていた新田さん。
新作を気に入ってくださったのか だんだん目に輝きが出てきて
自分の役と決めたのか「おじいさん」の部分を読み始め
自分の役のところに丁寧に印をいれていた。
e0035629_23204696.jpg

そして 突然「おむすびコンテストを始めまーす!」と宣言があり
おむすびをデコりはじめる参加者たち。
小菊さんのおむすび とってもキュート。
e0035629_23234471.jpg

e0035629_2326344.jpg

われらが本所さんも施設から連れてきてもらって
「こんにちは!本所です!」と元気にあいさつした。
e0035629_2328049.jpg

3人の80代、90代のスターがそろい踏み。
e0035629_23294158.jpg

赤ちゃんも参加してくれて じいちゃんばあちゃんたちは大喜びだった。
e0035629_23362276.jpg

語ったり歌ったり 約5時間の交流会はみんながそれぞれ動き
準備から片付け たくさんの人の手を借りながら
無事に終了したのだった。
e0035629_23412423.jpg

新田さんに約束した。
「紙芝居を仕上げて 4月に持って行くから待っていてください」
すると
「はい、そうしてください。待っています!」と明るい返事が返ってきた。

お年寄りが、病気の人が、お金のない人が諦めないで
好きな人に会い、行きたい場所へ行くことを
みんなが支える世の中を願いながら
遠距離恋愛はこの先も続いていきます。
e0035629_10461256.jpg

引き続きプロジェクトカンパを募っています

■郵便振替 「紙芝居劇むすび」00990-2-322322
※他行からの振込の場合(099店 当座0322322)

ほなみむすびプロジェクトとご明記ください
# by musubi-pro | 2015-02-15 23:52 | むすび日記

2015始動!

今年初の紙芝居公演が 地元の商店街で幕を開けた。

むすびの先輩方もかつては通い 
現メンバーたちもモーニングやティータイムに訪れる
珈琲館白木屋さんにて自主公演。
ご近所のカリー屋さん 薬味堂さんも参加してくださった。
オクテなむすびとしては
地域住人としてこうして地元のお店の方々と交流を持てるようになるのに
世代も超え 10年かかったともいえる。

でも なにげなくうれしい事実である。

今日のプログラムはおじさんたちが考えた。
漫才 創作狂言風芝居 落語 舞踊
白木屋さんのママさんや 薬味堂のお兄さんが
舞踊に 演奏に 紙芝居に 参加してくださって

地元のお客さんと むすびのファンの方
出演者とお客さんが入り混じって わいわいと。
緊張してしどろもどろだった紙芝居のマー君も
地元のお姉さま方が温かく笑ってくださった。
その気持ちを汲んでくれる理解と人情
ご近所のお客さま方 懐が深い。
e0035629_0455831.jpg

そして本所さんも仲間に迎えに来てもらって
紙芝居に参加することができた。
最後 薬味堂さんのギターでチョウコウさんが踊りだすと
本所さんも色っぽい目になって踊りだした。
e0035629_0513715.jpg

商店街で呼び込みをしてくれたソラくんはお母さんと愛媛から来てくれた。
コハルちゃんは堂々と舞踊を披露してくれた。
頼もしいこども世代も育っている。

今のむすびも成長期真っ只中。

明後日は紙芝居ライブです!
# by musubi-pro | 2015-02-06 23:34 | むすび日記


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動