紙芝居劇むすび



愛光保育園&アース 公演

29日。毎年恒例にさせていただいている愛光保育園に。
去年も行ったのは吉岡さんだけ。
メンバーもがらっと変わって お互い新鮮な気持ちで。

客席を埋め尽くす150人の0歳~5歳のこどもたちに
おじさんたちは息をのむ。

紙芝居。一番前の小さい子達は 鬼のお面がこわかったらしく
最後まで「えーん えーん」と泣く声が聞こえた。
おどろかして ごめんなさい。

後ろの方の大きい子達は しっかりと紙芝居をみつめる。
先生たちは子どもたち以上にいい表情で楽しんでくださっていたように思う。
先生もこどもも「むすびのおじさん!」と
親しみをこめて呼んでくださる。

遊びタイムでは園庭で 鬼ごっこ、ジャングルジム、ままごと、なわとび
ありとあらゆる遊びに誘われ
おじさんたちも「わし、滑り台を3回もすべった」とか
「お店屋さんごっこで、砂のごはんやらジュースやらをたくさんいただいた」と
ヘロヘロになっていた。「今夜はよく眠れるぞー」

給食も園児たちと一緒にいただいて
(76歳のSさん、「こんな小さい子たちと一緒にごはんを食べれるなんて、ありがたい」と感動)
沖縄出身のKさんのために 運動会で披露したというこどもたちのエイサーを
見せてもらった。Kさんも中に混じって踊る。 にぎやかだった。

あの元気なおじさんたちを ふらふらになるまで遊んでくれた
愛光保育園のこどもたち 先生方 ありがとうございました。

**************************

今日はJR新今宮駅前にある喫茶EARTHの2周年を祝う
むすび単独ライブ。
おじさんたちは書き下ろした創作狂言や 50年前に習得した落語や
自慢ののどを披露したり 短期間に趣向を凝らし
特技やアイデアを持ち寄って 1時間半のステージを繰り広げた。

客席にも知っている人がほとんどのアットホームなライブ。
終了後も マスターの用意してくれたおむすびやスープで
まったりして
オープン当初から「いつか、むすびさんに紙芝居をしてもらいたい」と
エールを送ってくださっていたマスターも いい顔をしていた。

EARTHを題材にした創作狂言で マスターに扮したKさんと
マスター。すっかり兄弟のように近づいていた。
e0035629_2317176.jpg

# by musubi-pro | 2014-11-01 23:21 | むすび日記

最近 ぐるめ

おいしいものが食べたい秋。

みんなで出し合い&むすび費用で補てんして
東北グルメを味わった10月だった。

初旬は宮城県のサンマ。
郵便局のお姉さんに「絶対おいしいから ぜひ!」と直送便を勧められて
そういえば 一人暮らしのおじさんたちは
なかなか焼きたての魚を食べる機会は少ないし
七輪を貸してくださる方もあり サンマパーティーをした。
e0035629_2295197.jpg

今日は岩手のホタテ。「大きい!」「生きてて良かった」というほどの
大きいおいしいホタテだった。
またまた七輪をお借りして みんな大興奮のホタテパーティー。
e0035629_226553.jpg

みんなが身を削り ボランティアで得た紙芝居の公演料の使い道
どうせなら 東北の復興し始めた漁業を応援できて
みんなでおいしいと笑い合えることがいいなと思う。
# by musubi-pro | 2014-10-28 21:57 | むすび日記

初の尼崎☆

杭瀬商店街の一番街コンサートに呼んでいただいた。
会場を探してウロウロしていると、「あっ むすびって書いてある!」看板を発見してほっとする。
e0035629_1374466.jpg

演目は桃太郎。浅田さんが振りつけた殺陣をリハーサル。
生活感あふれる商店街。さいわい、心配された台風はまだ来ていない。
e0035629_1312242.jpg

通行していたお客様が集まってきて、にぎやかになってきた。
紙芝居がスタート。歌を歌う場面、誰も歌いださない。
「おーい歌だよ~」「ほら、みんな立って!」声をかけあって桃太郎の歌を合唱。
会場から手拍子があり、一緒に歌っている声が聞こえる。
e0035629_13151420.jpg

きびだんごの場面では、きびだんごならぬ飴を配る。
お客さんとの距離を縮める大事な演出。
リアクションに困りながら見てくださっていたおじいさんも、にっこり笑顔になった。
e0035629_1321255.jpg

心配していた鬼と桃太郎の殺陣も、ぎこちないながら真剣勝負で
立ち回りの後、桃太郎が鬼をばっさり切り倒すと
会場から拍手が起こった。あーよかった!
e0035629_13252330.jpg

そんなこんなで新生むすびの紙芝居も
お客様に育てられ、少しずつ成長している。
# by musubi-pro | 2014-10-05 21:03 | むすび日記

帰ってきたマーくん

先日 本所さんの快気祝いと 浅田さんの4回忌を一緒にした。

紙芝居の台本を8つも遺して逝った浅田さん
いまだにみんなのアイドル 84歳の本所さん。
それを温かく受け入れる 若手おじさんたち。

本所さんはみんなにせがまれて「ユーアーマイサンシャイン」を熱唱してくれた。
e0035629_1132293.jpg

最近むすびに寄りつかなかったマーくんが
昨日久々に姿を見せた。

「むすび やめようかな」と マーくんはみんなの顔色を試す。
「それは 自分で決めな」 と みんなは突き放す。
誰に言われて来るわけでもない 何のために来るわけでもないけど
自分で決めて仲間でいるのがむすび。

マーくんはちょっとずつ笑顔を取戻し
むすび新聞に載せる記事を書きはじめた。
小さなコミュニティだからといって けっして気楽でもないし
むしろ繊細な気遣いを求められ 疲弊する。
おじさんたちにとっても 悩みは尽きないのだと思う。

仲間が飛び出て行ったり 帰ってきたりするのも
慣れてはきたけれど
1ヶ月近く姿を見せなかったマーくんの笑顔に
ひとまずほっとした。
# by musubi-pro | 2014-09-26 11:54 | むすび日記

本所さんとお散歩

高齢者施設に入っている本所さんに会いに通う日々。
そろそろ季節もよくなってきたし
今日は本所さんの体調も良かったので
新世界に散歩に行くことにした。

近くて にぎやかで 本所さんが元気な頃によく遊びに行った街。
タダさんが車椅子を押してくれて まずはジャンジャン横丁から。
「本所さん、ここはどこ?」「ジャンジャン町や!」「おおー」

そして我らが長老の大好物 たこ焼きを食べることに。
8コ入りのたこ焼きを 5人でわける。
本所さんの 本当にうれしそうな笑顔に 一同心が和む。
ここ最近 散歩に連れ出そうにも体調を崩していた本所さんを
「だいぶん弱ったみたいだ…」と ジリジリするような思いで見守っていた。
先日も部屋で動けなくなっていた本所さんをみんなで介抱した。

知ってか知らずか 元気にたこ焼きにかぶりつく本所さん。
e0035629_20281083.jpg

通天閣 朝日劇場 新世界の名所をめぐり
映画館の看板に なつかしい作品の名前を見たり
久々の新世界は本所さんにとって 青春の日々を思い出したり
いい刺激になったかもしれない。

若手おじさんたちにとっても
「本所さんの笑顔が見れて それがうれしかった」
「おかげで、ゆっくり観光ができた。近くても、ひとりでは来んもん」
と いいリフレッシュになったみたい。
e0035629_20454214.jpg

秋冬に向けて 紙芝居公演もぼちぼちと入ってきている。
# by musubi-pro | 2014-09-18 20:59 | むすび日記

夏が終わる

中井さんの初盆も終わり
屋台も出さなかったので お盆も静かに過ぎ
それでも毎年おなじみの方々がエッグスに寄ってくださった。

だんだん知った顔が少なくなって
寂しいと感じる方も多いかもしれないが
新メンバーたちは新メンバーたちで
積極的にみなさんとの人間関係を築こうとしている。

エッグスは最近閉まりがち。
なんせ60代はまだまだ動くし やりたいこともある。
午前中などにぱっと集まって ぱっと散る。
ここが生活の場そのものというよりも
「おーおまえ 元気か」と仲間の顔を確認する
小さな接点というあり方になっている。

べったり事務所に貼りついていたおじいちゃんメンバー時代とはちがうけれど
それはそれでかけがえのない時間である。

今日はマネージャー不在で 大学生にむすびの説明をしないといけないので
おじさんたちは「むすびの歴史を勉強しておかないと!」と言っていた。
現に電話がかかってきて
「むすびが始まったのは2005年の何月?リーダーは浅田さんやな?」
といくつか質問をしたり 

面識のない先輩メンバーのことや いろいろなこと
ファミリーヒストリーは引き継がれていく。

老人ホームに入っている本所さんも
毎日誰かが顔を見に行ってくれて 車椅子で紙芝居の練習にも連れてくる。
昨日も「やまき苑」のデイサービスに本所さんも立派に出演して
一員として大事にされている。

新メンバーたちもとっても素敵だ。
# by musubi-pro | 2014-08-29 01:02 | むすび日記

本所さん その後

むすびからも近い場所にある老人ホームに暮らすようになった本所さん。

最初は不安からか険しい顔をしていることもあったが
だんだん慣れて 穏やかな表情をするようになった。

毎日のようにむすびの若手おじさんたちがのぞいてくれる。
時には誰かが車椅子を押して散歩に連れて行ってくれたり
部屋には手づくりの「本所カレンダー」(紙芝居公演日が書かれている)や
間瀬さん画の本所さん肖像画。

「わし 愛されとる(^^)」といつか本所さんがほほ笑んだ。

紙芝居公演にも復帰している。
3Fにある西成プラザに行くときは親切な学生さんやら
だれかに負ぶってもらって上がり
でも紙芝居の時はすっくと立ち上がり あの踊りを披露している。

若手たちは「やっぱり本所さんが入ると紙芝居が全然違う。盛り上がる」と
感心している。
e0035629_22414999.jpg
e0035629_22422462.jpg

昨日部屋を訪ねると 「わし こうしていたら死ぬ気がせんわ」と笑顔だった。
「わいはあまりくよくよせんな。いやなこともぱっと忘れてまう。
それに、いいこともあるけど いいことばかりじゃないしな。平穏におることがエエわ」と
どれだけ褒められても天狗にならない 本所さんの哲学を語っていた。

やっぱりもっと長生きして するべきことがある人なのかもしれない。
e0035629_22475249.jpg

# by musubi-pro | 2014-07-23 22:51 | むすび日記

みんなの家

ちょっと前になるが 生野区にある「みんなの家」に今年も呼んでいただいた。

去年はじめて行った時 とてもなごんで みなさんと楽しい時間を送ったので
印象に残っていた場所だ。

当時体調が悪くなりかけて 機嫌が悪かった中井さんが
「なんか俺たちが慰められたな」と言っていたのを思い出す。

「みんな」はとても元気だったり マイペースだったり
スキンシップが大好きで くったくなく話しかけてくれる。
なんだか楽しくて なんだかうれしい
わあっと一瞬だけど じんと心に残る公演なのだ。

公演が終わってちょっと経った頃 みんなの家の方が
ひとつの手紙を届けに来てくれた。
紙芝居を見てくれた人のメッセージ。
ところどころ字がとんだりして むすび新聞みたいだったが
その人が喜んでくれたこと 紙芝居を待っててくれていること
伝わって おじさんたちはさっそく返事を書いた。

そして数日
「あれっ この手紙まだ出してなかったんか」
いっぱい積まれた書類の中に返したはずの手紙が…
むすびはこうやって手紙を出しそびれることが多い。

もうすぐむすび新聞ができるので 一緒に送ることにした。
e0035629_2235325.jpg

# by musubi-pro | 2014-07-23 22:35 | むすび日記

バイオリン・チェロとの共演

今日は福祉関係の定例会のゲストに呼んでいただき
共演者の音登夢(おととむ)さん(※ご夫婦のクラシックユニット)に無理をいって
「文ちゃんの冥途めぐり」にヴァイオリンとチェロの伴奏を入れていただいた。

いつもの「鬼のパンツ」 そして白鳥さんの登場場面に美しい旋律が加わり
白鳥役のまーくんの指先が伸びて
ちょっと高級感漂う紙芝居劇に。
紙芝居の作者の亡き浅田さん(クラシック好き)がいたら
さぞ喜んだろうなあと思う。
e0035629_22124518.jpg

はじめての場所で緊張した一同だったが
音楽や お客さんの笑顔や 主催者のみなさんの気遣いに
はじけることができた。

うれしかったので音登夢さんと記念撮影!
ちなみに10月に音登夢さん主催でチャリティーコンサートをされるそうで
東日本の震災の津波で流された流木でつくった楽器を
奏でるコンサートだとのこと。
10/18大阪・いずみホール 15:00~ ¥4000です。
どんな音がするのでしょう。
チラシ表  チラシ裏
e0035629_22153046.jpg

# by musubi-pro | 2014-07-17 22:06 | むすび日記

本所さん 退院

5ヶ月以上の入院生活を終えて 本所さんが街に戻ってきた。

84歳の本所さんが5ヶ月以上もベッドの上で暮らしたのだから
足腰も弱るし 体力も落ちて
元の住宅に戻ることは 今後のことを考えても無理なようだった。

つてがあり むすびからも近いところにある老人ホームへ。
新しい場所 新しい隣人 スタッフ 慣れながら
むすびともども皆さんと仲良くなりたい。

今日は退院後初めてむすびに出勤。
「ほなみ劇団」からお祝いのサクランボが届いていた。
甘いまっ赤なサクランボ。みんなでいただいた。
e0035629_01821.jpg

e0035629_016341.jpg

90歳の小菊さんからのメッセージもはいっていた。
年寄りも周囲に心配をかけぬよう自ら気を付けること
寂しさもあるけれど 気遣ってくれる人たちへの感謝を忘れずに
小菊さんのきりりと温かい文章に 一同は心を打たれた。
e0035629_091740.jpg

そして「今日は紙芝居ないの?」という長老のことばに
「じゃあ やろうか」と若手たちが応え
待ち焦がれていた 本所さんの入った読み合わせが始まった。
入院中に若手たちと本所さんの距離が縮まったのがよくわかる。
自然と体に触れたり 目線で会話ができる。

本所さん もうちょっと体力をつけて みなさんの前へ。
e0035629_0143667.jpg

# by musubi-pro | 2014-06-25 00:16 | むすび日記


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動